スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーで演奏してきました。

先日、友人にクラシックギターBarに誘われましたので、行ってきました。顔見知りの後輩ギタリストたちの演奏も楽しめましたし、私も演奏させてもらい充実した時間を過ごすことができました。

他の方の演奏は刺激になりますし、自分の立ち位置や方向性を確認するのにいい機会になります。今回も、他の方の演奏が楽しかったのと同時に、自分のやりたいことに自信を深めることができました。

で、もう一つの収穫がありまして。訪れたBarが面白いところで、「日替わりマスター制」と言うのを取り入れていました。決まった研修(説教バーと呼ばれるそうです笑)を受講すれば、シフト空きのある日に誰でもマスターになることができ、自分色のBarを開くことができる、というものです。

今回は、その中の企画の一つで「クラシックギターBar」が企画されたということでした。他にはみんなで脱出ゲームをしたりボードゲームをしたり、浴衣を着て集まったりと色々なコンセプトのBarとして開かれているようです。

私もいつの日か、ギターを聞きながら/弾きながら、まったりコーヒーとお酒を楽しめる店を開きたいなぁ、なんて夢を持っています。ので、このお店はすごく楽しそうにうつりました。何か機会があれば、私も使わせてもらおうかな。と思ったりします。

備忘:演奏曲
・サウダージ第三番(ディアンス)
・Summer(久石譲、田嶌道生編)
・Simple Song(佐藤弘和)
もっと弾きたかったけど、別件もありあまり長いできなかったのが残念でした・・。

第41回ギター音楽大賞

本日7/3、門真市ルミエールホールにて第41回ギター音楽大賞が開かれました。私はリベラル部門一般の部にエントリーし、奨励賞をいただくことができました。

リベラル部門と言うことで、課題曲の課される大賞部門とは異なり自己申請の曲を演奏します。私は、Roland Dyens作曲の「カプリコーンの夢」を演奏してきました。思ったほど緊張はしなかったのですが、それでも細かいミスが出てしまい、悔いが残る演奏になってしまいました。結果として入賞することはできず、残念ですがさわやかな悔しさ、と言う不思議な感覚です。また、そんな演奏でしたが、たぶんミスした以外のやりたかったことを評価していただけたのでしょう、奨励賞と言う形で賞をいただくことができ、そこは素直に嬉しいです。

そもそもなぜこのタイミングでコンクールにエントリーしたのか、と言う自分語りをさせていただきたいと思います(興味がない?いやいやここは自分のブログだし別にいいよね・・)。

ギター教室で本格的にギターを習い始めたあと、周りにはコンクールに挑戦する人が少なからずいらっしゃいました。ただ、私は「自分の音楽」とは何か、と言う問いに答えることができない、と言う思いがありコンクールへ出場することができませんでした。先生に教えてもらったことをやっている、指摘されたところを修正しているだけだと、そこに自分の音楽はあるのだろうか、と言う気持ちです。

それからもギターを続け、自分らしい音楽、自分がしたい表現、と言うものがおぼろげにも見えてくると、今度はそれを認めてほしい、いい結果がほしい、と言った欲が芽生えてきて、また踏ん切りがつかなくなってしまいました。評価されないことが怖い、と言うこともできるかもしれません。そうこうしているときに、一緒に飲みに行っていた後輩のU君に「何ぐだぐだ言ってんすか、やりましょうよ!」と言われ、確かにやらなきゃ始まらん!とこの年になってようやく初挑戦したのです。

結果は、最初に述べたように入賞は叶わずの奨励賞、と言うことでした。結論から言うと、挑戦してよかった、と思います。そして、もっともっといい演奏に挑戦したくなりました。ゲストの谷辺昌央さんや本選に挑戦する方たちの演奏もすごく刺激になりました。難曲や大曲に取り組むハードルは相変わらず高い、と言うのが本音ですが、でも、それでも、自分のアプローチでもっと人の心に何かを訴える演奏ができるのでは、と、課題とともに自分への期待も持つことができました。そして、それが自分らしい音楽、と胸を張って言えるのでは、と思います。また、来年に向けて頑張ります。

2016.7.3 麻尾佳史

PS:
運営/審査の先生方、見に来てくれた友人、一緒に演奏した参加者の方々、みなさまお疲れ様でした、ありがとうございました。

普段はこういうお礼の言葉は、ブログを書く際に自然と出てくる、あるいは出てこなくても書くようにしているつもりですが、今回は自分のことでいっぱいいっぱいだったようで、初回の更新時に書くことができていませんでした。
なんだかんだで、やっぱり常の心とは少し違ってしまっているようです^^; やっぱり悔しいのかな。w 来年また頑張るぞー。


社会人になって丸10年が経ちました

最近仕事がかなり忙しく、あまりブログを更新する時間がありません。と言うものの、ぼちぼちやっております。

ギター関係としては、3月と6月(と言うか昨日)に1回ずつ、友人の結婚式で余興の演奏をさせてもらいました。大学を卒業して社会人になり、丸10年が経ちました。結婚式で久しぶりに友人達に会うと、それぞれの過ごしてきた10年間の歩みに、自然と思いをはせてしまいます。仕事に、プライベートに、色々なことがありましたね。

ことギターに関しては、「忙しさを理由にギターを止めることをしたくない」と思ってギター教室に通い始めたのが大学4回生のときでした。10年以上前になります。思うようにかないことが多い中で、継続は力なり、を続けられていること、そんな趣味を友人の節目に届ける機会が得られていることは純粋に嬉しく、誇れることかなぁと思います。

何というわけではありません、思うところを徒然記載しただけになりますが、久しくブログ更新できてなかったのでアップしました。こんな感じで、ぼちぼち元気に(?)やっています。今後とも宜しくお願い致します。

近況

ご無沙汰しております。

更新がしばらくあくと、いつもこのタイトルと出だしでお茶を濁しております。。

松下隆二先生の演奏会のあと、燃え尽きた…訳ででなく、 単純に忙しくしておりました。

明日は、また友人の結婚式で余興の演奏をさせていただきます。その友人のための曲をやりたい、と言うので、学生時代以来の曲を引っ張り出し、苦戦しながらも準備中です。

みなさんの心に届く演奏ができるよう、頑張ってきます。

「松下隆二とギターの仲間たち」に出演させていただきました

以前のブログで告知させていただいた、1/24に守口で開催された「松下隆二とギターの仲間たち」コンサートに出演してきました。

重奏の楽しさを感じながら、気持ちよく演奏させていただくことができました。友人が何人か見に来てくれ、それだけでも嬉しかったところに、サプライズで花束までいただき、たいへん感激しました。

今回の演奏にあたり、打ち合わせ(と言う名の飲み会・・)の中で松下先生がおっしゃってくださった言葉があります。
30代、40代となると仕事も忙しくなり、、また結婚して子供もできて、、そういった中でギターを続けるのはなかなか難しい。そんな中でも、ギターを続けていいんだ、続けられるんだ、と言う姿勢を見せるのはプロのギタリストにはできない、愛好家のみなさんにしかできないことなんですよ。と。(今気づきましたが、この愛好家と言う言葉はいいですね。プロ/アマと言う区別、と言うか免罪符はよくないですね)
松下先生が今回のコンサートの第一部で、愛好家とのギターデュオと銘打って演奏会を企画された思いの中には、きっとそんな「ギターは続けられる」と言うメッセージがあったのだと思います。

もし昨日の演奏が、どこかで誰かがギターを始める、続けるきっかけになればこんなに嬉しいことはありません。
また、このような演奏機会をいただくことを、私自身がギターを続けていくためのきっかけにもしていきたいと思います。
これからも、何とかギターを続けて、もっとうまくなります。
お越しくださった方々、声をかけてくださった松下先生、高橋さん、運営の井谷先生、皆様本当にありがとうございました。

麻尾

松下先生コンサート写真

DSC_0155.jpg
プロフィール

あしゃお

Author:あしゃお
名前:麻尾佳史
住所:兵庫県宝塚市
年齢:昭和56年生まれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。