FIREFLY

FIREFLY, 本多孝好著 MOMENT (集英社文庫)に収録

¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥
死ぬ前にひとつ願いが叶うとしたら・・・・・。病院でバイトをする大学生の「僕」。ある末期患者の願いを叶えた事から、彼の元には患者たちの最後の願いが寄せられるようになる。
¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

6月、梅雨の季節ですね。じめじめしてあまり好きではない季節ですが、この季節の楽しみがあります。それは蛍です。今年も、妻の実家へ蛍を見にやって来ました。

妻の実家は自然の豊かなところにあり、この時期は少し歩いたところの川沿いで、綺麗な蛍を見ることができます。

蛍と言うと思い出す小説が2つあります。1つは、宮本輝の芥川賞受賞作の「螢川」。そしてもう1つが、本多孝好による「FIREFLY」です。

螢川は、蛍と言う可憐で繊細な存在が大群で現れ、圧倒的な迫力と生命力で描かれるラストが印象的です。生と死、友情と恋心、そのほの暗い語りが最後にたどり着く情景は、読んでみないとわからない凄みを持っています。

対して、FIREFLY は、か細く舞うその緑の光に、登場人物たちの思いが乗せられます。

蛍に亡くなった伴侶を重ねる老人。蛍は、亡き故人の想いを運ぶ象徴として描かれます。亡き人の想いが蛍となって現れるのか、それとも亡き人に会いたいという想いが蛍に故人の影を見つけ出すのか。普通に考えられば後者でしょう。しかし、それだけで済ませられない感傷と余韻が、むしろ会いに来て欲しいという願いすらこの物語には散りばめられているように思います。

かのピーター・ドラッカーは、「何をもって憧えられたいか」と言う言葉を残しました。これは、自己実現や社会貢献と言ったものと結びつけて考えられかも知れません。しかし、そんな大それたものでなくとも、誰しも根源には承認欲求を持っているのではないでしょうか。

覚えていて、忘れないで。思い出して。そんなささやかな思いが、胸に響きます。




¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥
「見て欲しかったのよ。私のこと。上田早苗っていう女のこと。昔はどんな学生だったのか、どんな会社へ行ってたのか、どんな男と付き合ってたのか、そのあとはどんなところで働いてたのか。ざっとでいいから、一通り見て欲しかったの」
「どうして?」
「どうしてかな。よくわからない」

光が上田さんの髪に止まった。気づかずに上田さんは続けた。
「ただ、もしこれから何年も何年も時が経って、もし今年と同じような夏がきたら、君はきっと私のことを思い出す」
「思い出さないですよ」と僕は言った。「僕はそんなに優しくない」
「思い出すわよ」と上田さんの声が柔らかに言った。「君はそれほど利口じゃない」
¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

今日の晩は蛍を見て、この物語のことや会いたい人、会えない人の事、色々の事に想いを馳せてこようと思います。

ところで、この「FIREFLY」には、ここには書いていない簡単な謎もあって、物語の最後にそれが明かされる仕掛けになっています。「こんなの」「ずるい」とおもわず呟いてしまいます。上田さん、こんなのずるいよ。

人の最期を看取る、と言う題材ではあり、MOMENT と言う本自体は読む人を選ぶ側面があるかもしれません。それでもこのFIREFLY は傑作。この一作のためだけでも買う価値がある、と強く思います。

STRENGTHS FINDER2.0 ~さあ、才能に目覚めよう~

STRENGTHS FINDER2.0 ~さあ、才能<じぶん>に目覚めよう~
トム・ラス著、古谷博子訳 日本経済新聞出版社

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
作家のマーク・トウェインは、死後、天国の門で聖ペテロと出会った男の話を書いている。男は生涯抱いていた疑問を賢人として知られる聖ペテロにぶつけた。
「聖ペテロ、私はずっと歴史に関心がありました。誰が史上最高の将軍ですか」
聖ペテロはすぐに答えた。「簡単だ。あそこにいる男だよ」
「何かの間違いでしょう」。男は当惑した。
「彼とは地上で知り合いでしたが、ただの労働者でしたよ」
「友よ、そのとおりだ」。聖ペテロは答えた。
「彼は史上最高の将軍だった。もし彼が将軍になっていたらね」
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
P29 より引用

間違った方向に向かった努力をするのではなく、自分の持つ才能に対して投資をすることで強みにしよう、というのが本書の考えであり、それを表す逸話として上記引用部分が語られています。

自分の才能を活かせる分野で活躍したい、今の仕事は自分の強みを活かせているのか、という思いは社会人なら誰しも持ったことがあると思います。そんな強みを把握しよう、ということで180の質問に答えることで、34のカテゴリから自分の強みを知ることができる、というものです。

こういった自己啓発系の本や自分を知ろう、と言った系統の本は正直苦手なのですが、というかバーナム効果じゃないか、と言う先入観が邪魔をするのですが、尊敬する先輩に勧められたこともあり試してみました。

結果としては、なかなか面白かったな、と思います。
私は①運命思考 ②コミュニケーション ③個別化、と続きます。

私の一番の資質として現れたのは、運命思考です。運命思考、と聞くとなんだかピンとこないですね。「運命思考という資質を持つ人は、あらゆる人や物事は互いに結びついていると考えています。この世に偶然というものはほとんど存在せず、ほぼあらゆる出来事には何らかの理由が存在すると確信しています。」 英語では「connectedness」ということで、繋がりですね。

これは、確かに私にはそういう側面があります(それが一番かはわかりませんが)。スピノザの考え方は好きですし、ニーチェの永劫回帰にすがりたくなったこともある。こういった哲学/思想的な本の読書は繰り返して咀嚼してきたつもりですが、それがこういう形であなたの本質です、と取り出して提示されるとなんとも不思議な気分です。

と、ここで終わってしまうと、単なる性格診断のようなものと変わらないかもしれませんが、そこから一歩進んで「強み」「行動アイディア」として活かい方まで明確に出してくれるところはこの本のいいところかもしれません。例えば、私がなるほどと思ったアイデア。「自分の才能と行動、使命、成功のあいだにある関連性に気づくよう、人々に働きかけましょう。自分がしていることを信じ、自分が何か大きなものの一部であると実感したときに人は、それを本気で成し遂げようとコミットします。」確かに、こういう考え方はプロジェクトの成功のために重要で、かつ誰にでもできることでもないなぁ、と思います。

こういった感じで、自分の才能のTOP5とその活かし方を知ることができる。一度試してみる価値はあるかと思います。あと、「運命思考」が一番の人と一度話してみたいですね、自分が思想的に結構回りくどい道を辿ったという自覚があるので、他の人の場合どういった背景で運命思考になったのか興味があります。笑

ブログでの情報発信

元々このブログを始めたきっかけは、私の名前で検索できるサイトが欲しい、ということでした。

知り合った人に「麻尾です、クラシックギターやっています」と名乗り、「クラシックギターって何?」となったときに検索してもらいたかったんです。そこがギターに対して踏み込む一歩になればよいなぁ、と。

それからと言うもの、頻度が少ないなりにもぼちぼちとブログを続けています。

最近は、少しブログに対する考え方が変わってきまして。
このブログが、クラシックギターに興味を持つきっかけとなれば、という思いは今も変わりません。変わったのは、私の名前で検索したのでない方も、このサイトを見て、そしてギターに興味を持ってくれる人が増えたら素敵だなぁ、ということです。

というわけで、これからはギター以外の内容も発信してみようかと思います。
先日ギターともう一つの大きな趣味である「ウイスキー」のタグを作成しました。それ以外に、読書のタグなども作成し、自分の備忘を兼ねて記載してみようかな、と考えています。

奨励賞をいただきました。

昨日大阪守口市で行われました第43回ギター音楽大賞の一般部門に参加し、奨励賞を頂くことができました。

コンクールに出るようになって3年、これで3年連続3回目の奨励賞となりました・・。自分が人前に出せると考えた曲は破綻することなく演奏することができ、一定レベルの評価が頂けている。これはとてもありがたい話で、自信になります。しかし、そのどれもが上位入賞するための何かが欠けている、という事実も受け止める必要があり、悔しいです。

今回、控室や舞台袖で他の方の演奏を聞き、出場者のレベルの高さに驚きました。そして、あぁ、これは賞を何をもらえなくても仕方ないな、と早いうちに思い、そして、賞のことは気にせずに楽しんで自分らしい演奏をしよう、と頭を切り替えました。そして、演奏が終わったときは、「いい演奏ができた、これなら何ももらえなくても悔いはない」と心から思いました。

しかし、時間が経つと、やっぱり悔しい。そして何よりも、今の自分に欠けているのは何か、それが今の自分にわからないことがもどかしい。

社会人になって12年以上経ち、生活/家族環境が変わり、ギターを弾く時間が思うように取れない。そのような中で、自分なりに頭を使ってギターと向き合ってきたという自負はあります。短時間で効率のよい練習、ミスをしないための練習。本番で緊張にのみ込まれないための過ごし方。そうやって少しずつ積み上げてきたものは間違っていない。けれども、今のこの延長線だと、大きく変わることはできないようにも思います。

審査員の先生方に、「いい演奏はしてるんだけど、もう一歩」と思われている、そのもう一歩を、探しに踏み出したいと思います。

今回悔いのない演奏ができたことで、コンクールは今年で終わりでもいいかな、という思いが頭を少しよぎりました。しかし、「一皮剥けた」と思っていただけるように、来年に向けてまた頑張りたいと思います。とりあえずは曲決めよう。。

2018.5.13 麻尾佳史

アードベッグ ウーガダール


実は私はウイスキーが、特にシングルモルトが好きでして。私にウイスキーを教えてくれたイギリス人が2年ぶりに帰阪したのに合わせ、久しぶりにウイスキー会をしました。

自己紹介などで趣味を言う機会があるとき、私はクラシックギターと、そしてウイスキーです、と言うくらいにはウイスキーが好きなのです。

以前から、飲んだウイスキーの銘柄や印象をどこかに残していきたいなと思っていたので、これを機にこのブログに書いてみようかと思います。今日は携帯電話からの投稿ですが、そのうちタグも作ろうっと。

と言うわけで先日のウイスキー

○アードベッグ ウーガダール(Ardbeg Uigeadail)

アードベッグは最もピート(煙たさ)の濃度が高いことで有名なアイラモルト。ウーガダールはシェリー樽で熟成する。

と言うわけで、知識先行で購入。イギリス人のウイスキー先生のイチオシがアードベッグ。私の好みはシェリー系、スペイサイド系。と言うわけで、両方のいいところが出るのでは、と期待していましたが、飲んでみると、まさに期待に違わぬ逸品でした!

アードベッグらしいピートもあるのに刺激は少なく、甘い香りが追いかけてきます。そして特筆すべきは、舌にとても長く残ることです。これはピリピリとした刺激ではなく、まろやかさが残るので、いつまでも余韻を楽しみたくなります。

少し値がはるため、コスパと言う面では気軽にお勧めできないものの、その分味は間違いないですね。珍しいとか面白いとかではなく、純粋に美味しい。私が今まで買ったボトルの中では、5本に入ります。

ウイスキーは好きだけど煙たい銘柄は苦手、と言う方には入門用のアイラモルトとして試してみるのにいいかもしれません。




2018.5.13 「ウイスキー」タグを追加しました。
プロフィール

あしゃお

Author:あしゃお
名前:麻尾佳史
住所:兵庫県宝塚市
年齢:昭和56年生まれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR