デイサービスセンターで演奏してきました

本日は、盆休みを利用して、家から車で5分くらいの近くにあるデイサービスセンターにボランティア演奏に行ってきました。知り合いが働いているセンターで、以前にも一度訪れたことがありました。今年もお盆休みに時間があれば、と言うことで有難く声をかけていただいたので行ってきました。

最初は、演奏を聞いてくださいと言うことで「愛のロマンス(禁じられた遊び)」や「影をしたいて」など、有名どころの曲を演奏し、その後は「みなさん歌いたい曲ないですかー?」と、歌本に入っているものをピックアップしコードで伴奏をしていました。クラシックギターはどうにも有名曲が少ない。音も繊細ですし、知らない曲を続けて聞いてもらうのにも集中力がいります。それもあり、ずっと私が弾いていてもしんどいかなぁと思い、カラオケ大会の伴奏でみなさん喜んでもらえればいいかな、と思いながらしていました(実際それでいいとおもっていました)。

ところが、その最中に利用者の方が、「せっかく来てくれているのに伴奏ばかりさせていては可哀そう。本人が弾きたい曲を弾かせてあげて。カラオケなんていつでもできるんだし」とおっしゃってくださいました。

ボランティアという名の押し付けになってしまってはいけない、みなさんに退屈せず喜んでもらえれば、と思っていましたが、、本音を言うとやっぱりソロを弾きたい、というのはありました。そんな演者側の我慢とか本領ではない雰囲気というのは伝わってしまったようです。ボランティアにいって気を使わせてしまっては本末転倒ですね・・。そのあとは、お言葉に甘えてほかに準備していた「千の風になって」や「ありがとう(ゲゲゲの女房主題歌)」などを、本当に気持ちよく演奏させていただきました。そして、その時の演奏は、利用者の方にも施設の職員の方にも、喜んでいただけたのではないかと(勝手に)思っています。

「ボランティア」という美しい言葉の裏には、ともすれば偽善や押しつけや甘えなどが潜んでいる(あるいは潜んでいないのに他人が勝手に見つけてしまう)場合があり、繊細で難しいものだと個人的には思っています。ですが、今回は利用者さんのお心遣いもあり、お互いに気持ち良い時間になったのでは、と思います。すごく充実した時間を私の方がもらった、そんな一日になりました。

友人の結婚式で演奏させていただきました

先日、クラシックギター部時代の仲間の結婚式で、余興の演奏をさせていただきました。

友人からのリクエストは、「クラシックギターのよさをわかりやすく伝えたい」と言うものでした。その友人はクラシックギターがとても上手だったのですが、腱鞘炎になってしまいそれ以降はあまり弾くことができなくなってしまいました。本当なら自分で立派な演奏ができた彼が、いわば代役として私を指名してくれたのだ、と言うことで、嬉しくも責任重大でした。

友達のこだわりの「生音」をテーマにした披露宴という方で、当日はギター以外に、音大出身の方や現役ミュージシャンの方、JAZZバンドの方など錚々たるメンバーの素晴らしい演奏がありました。その最後にクラシックギター一本で登場するというなかなか緊張ものでした。

普通お酒が入っためでたい場では、悪気はなくともどうしてもがやがやしがちです。しかし、当日は演奏の前に彼がクラシックギターについて簡単に説明し、繊細さがいいんだ、と伝えてくれました。そして、今日のこの機会がクラシックギターを生で聞く初めての機会で、そして最後の機会になる人も多いと思いますが、楽しんでください、とそういったことをアナウンスしてくれました。列席の方々も静かにし襟を正して耳を傾けてくださり、非常にありがたく、そして、燃えました。燃えて、本当に最高の演奏が届けたくて、そしてやっぱり緊張はしていて、コントロールが大変でした。

大変でしたが、まぁなんとか「クラシックギターのよさ」の一端を伝えられた、と信じています。今回の精神的境地は、今後の演奏活動に向けて、大切なきっかけにできそうです。どうやら本当に演奏を届けることに集中すれば、どうも「私」なんてものはなくなってギターと曲だけが残るようです。頭ではわかっていましたが、今回肌で感じました(緊張はなくならないようですが・・苦笑)。

何はともあれ、お二人本当におめでとう、末永くお仕合せに。そして、貴重な機会をありがとう。

雑感&猪居定演観想

しばらくご無沙汰してしまいました。公私で忙しくしてしまい、こちらを更新する時間がありませんでした。

その間は、ギターを弾く時間もほとんど取れなかったので、ちょっと辛いものがありました。ただ、通っている猪居ギター教室の発表会には、無理やり時間を作って出演させていただきました。と言うものの、この一か月ほどはギターを弾けるのはギター教室に行くときのみ、当日も朝の7時からずっと別件で立ち通しで、控室に入った後1hほどしか指を動かせないというこれまでにない過酷な演奏となってしまいました。

で、発表の結果ですが、自分のやりたいことやポテンシャルからすれば60~70点と言ったところで、最近の練習量少なさや昨日今日の状況を鑑みれば、本番の集中力は悪くなかったので85点と言ったところでした。大きな崩れなくまとめられたので、準備不足は聴衆のみなさんにはばれずに済んだのでは、と思います。なんというか、逆に本番での気持ちの持っていき方で練習量不足を補う方法、と言ったものは、方向性は間違っていないのかな、という意味で嬉しい結果となりました。もちろん、発表に向けて100%の状態に仕上げられるのが一番なのですが・・。

打ち上げでは、先生に50点と言われました 悔しいけれど、100%を高く評価していただけているのかなと言う意味では嬉しい。また、この自己採点と客観的な評価の間を埋められる耳を持てるようになりたいと思います。


忙しかった内容はなんとか先週で終了しましたので、今後はギターも再開していきたいと思います。今後しばらくでは、7月に友人の結婚式で演奏する以外に人前演奏の機会はありませんので、基礎の再確認とレパートリーの拡充に努めます。ギターに触れない間に、自分で弾きたい曲もたくさんでてきました。ブログに書きたいことも色々でてきたので、動画も含めまた頑張ります。今後とも宜しくお願い致します。

関西ギター連盟OBコンサート 終了いたしました。

昨日、伊丹アイフォニックホールで開催された関西ギター連盟OBコンサートに参加してきました。現役生の方の若々しい演奏やOBの方の円熟の演奏、プロやプロ志望の方の圧巻のステージと楽しむことができました。

打ち上げの席で主催の内田さんが「卒業してギターを止めてしまう人が多い。そんな中、この活動が一つの受け皿になって、ギターを続ける人が少しでも増えてほしい」とおっしゃっていました。その思いをこのコンサートに結実されたとのことで、本当に素晴らしいことだと思います。企画運営だけでなく、奏者としても参加されて大変忙しかったと思います、お疲れ様でした、ありがとうございました。

自分自身は、最高の演奏はできず、企画運営の方に申し訳なかったと思っています。練習時間がなかなか取れない中、本番の集中力で練習同等以上のステージを出せた、という意味では合格点を上げたいと思います。しかし、もっと練習時間をとるなり、もう少し簡単な曲にするなりアプローチを変えることでもっとよい演奏はできたはず、もっと良い演奏でこのコンサートに花を添えたかったなと悔いが残りました。それは裏を返せば自分への期待でもあります、まだまだやれるはず。頑張ります。

あと、ステージを見ていて思ったのは、やっぱりクラシックギターは綺麗な音を出してなんぼだな、ということです。
何を演奏するか、どう演奏するかは当然大切ですが、それ以前に、「いい音」を出せば、その最初の2、3音でもう空気が変わる、と再実感しました。最近演奏/練習する時間がないため基礎練がおろそかになりがちですが、そもそもの右手のタッチをないがしろにしてはならないと痛感するいい機会でした。

次の演奏会や演奏曲は未定ですが、これを節目に気持ち新たにまた頑張ろうと思います。

お礼へのお礼

このFC2ブログには、「ブログ拍手機能」というのがあります。

どのような機能かといいますと、(以下FC2ヘルプより引用)「クリックするだけで簡単にそのブログ記事へ賛同や賞賛を送ることができます。あるいはそのブログを「読んだよ」という足跡として、単純に使うこともできます。」と言うものです。

これを押していただくと、あぁ、読んでくださってる方がいるんだ、応援してくださってる方がいるんだ、と嬉しい気分になります。私みたいに誰が読んでくれいるのか、そもそも読んでくれている人がいるのかもわからないまま書いている身としてはすごく嬉しい。

と、嬉しいのは嬉しいのですが、実のところ私自身はこの手のボタンを押しません。
「拍手」や「いいね!」といったボタンの便利さは理解します。ただ、このボタンだと「何がよかったのか」 「どこに共感したのか」が不明確です。また、何か不幸な内容を伝える記事に、大変だな・・と思いつ”いいね!”と言うのは不謹慎では」などと深読みしてしまいます。

それがまだ、MixiやFC2ブログのような「タイトル」がつくものでしたら、主題が明確な分、拍手やいいね!の対象は主題に向いている、と捉えることも便宜上可能です。しかし、Facebookのようにタイトルすらそぎ落とされてしまったタイムラインで、複数の話題を書いている内容に対しての「いいね!」となると、それはもはや私にとって、私の何を代弁してくれているのかわかりません。

ですので、私自身は一つのルールを決めました。「いいね!」は押さない。何か感じたことがあれば、それは自分の言葉でコメントをしようと。

あ、誤解の無いように補足しますが、これは私の中でのルールであり、別に他の方に強要する気は一切ありません。むしろ、上述のように他の方から頂くいいね/拍手にはむしろ元気とやる気をもらい、喜んでいます。(ややこしいやっちゃ・・)
単に、自分が他者に伝える際には、何を思ったのかを明確にしたい、というだけです。

ちなみに余談ですが、英語版Facebookでは、この機能は「Like」となるそうです。いいね、よりはLikeの方が使いやすい気がしますね、私は。。

で、前置きが長くなりましたが、タイトルにも書いていますように、今日の本題は「お礼へのお礼」です。

先日、私がこのブログで書いている記事に、ブログ拍手のコメント機能と言うのを使用して、わざわざお礼を届けてくださった方がいらっしゃいました。「~の件を調べていて、このブログにその内容がまとめてあり参考になった、感謝します」と言った内容のコメントです。大変ありがたく、嬉しいものでした。

お、調べたいことが載ってた、ラッキー助かった、で済ませて誰も文句を言わないところで、わざわざ「拍手ボタン」を押し、さらに何が良かったのかを自分の言葉で伝えてくださった。非常に有難いと感じました。

お礼をくださった方に、この場でお礼を申し上げます。私の記事が少しは役にたったことがわかり、こちらも嬉しいです。わざわざお礼を言ってくださり、ありがとうございました。
プロフィール

あしゃお

Author:あしゃお
名前:麻尾佳史
住所:兵庫県宝塚市
年齢:昭和56年生まれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR