スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猪居謙

私はもともと父親が吉田拓郎を弾きが立っていたのを見てギターを始め、大学のクラシックギター部を卒業後に猪居ギター教室で猪居信之先生にお世話になりだし、本格的にクラシックギターを学び始めました。かれこれ10年以上になりますね(遠い目・・

猪居先生のすごいところは、生徒のこうやりたい、を否定せずに伸ばそうとしてくださるところで、こんな私でも長く続けていられるのはひとえに先生のそんな人柄(ともちろん音楽性!)のおかげです。

で、その猪居ギター教室には二人のお子様がいらっしゃいます。一人が本日紹介する兄の猪居謙さん、もう一人が妹の猪居亜美さんです。お二人とも幼少のころからサラブレッドでギター教育を受けてらっしゃるだけのことはあり、まぁとにかく上手。すごい、の一言です。そんなお二人が、この春CDデビューをされることになりましたので、今回紹介させていただきたいと思います。まず今回は、兄の猪居謙さんから。

と偉そうに解説者ぶって始めたものの、私がクラシックギターをきちんと聞き始めたころから、コンサートや演奏会で拝見していては、「はぁ、うまいなぁ」とばかり思っていたため、正直なところあまりそれ以外の感想がありません。w
猪居謙さんの演奏では、羽衣伝説(藤井敬吾)やアクアレル(S.Assad)を生で見て、「あ、これ本当に人間が生演奏できるんだ」なーんて思ったのは覚えています。私がクラシックギタリストとしての言葉を持つ前から近くで圧倒されていた存在のため、彼を語る言葉をいまだ持ってないんですね。それでは一ギタリストとして残念なので、きちんと言葉に昇華していきたいと思います。

まぁ、そんな風に昔から馬鹿うまかった(褒め言葉ですよ!)謙さんですが、ドイツはワイマールのリスト大学に音楽留学され、さらに研鑽を積んで昨年帰国されました。そして、福田進一さんのギターディスカバリーシリーズ第二弾として、今年の3月にCDデビューされました。

猪居謙「ソナタ・ジョコーザ
面白いのは、生演奏で出てくる空気感が、CDにもきちんとおさめられているところです。難曲を演奏する場合には特徴的なパターンがあって、(弾いていることを前提として)
①何とか弾いてはいる(見ていて心配)
②難曲のはずなのに簡単そうに弾く(自分で弾いてみると弾けない・・)
であることが多いですが、謙さんの場合は少し違っていて、
③難曲を難曲として、しかし優雅に軽々と弾く
という感じなんです。難曲としての荘厳さは解体しきらず、しかしそれが聞き手の精神的負担にならないところで華麗に飛んで行く。それが、舞台で見ると非常に気持ちよくわくわくするのですが、それはCD録音でも失われていないようです。言葉で言うなら、「sophisticated」って感じです。これは、「洗練された」と言った日本語ではなく、あくまで「sophisticated」と言いたくなる、その空気感なんです。伝わるかなぁ・・。

(全然うまくせつめいできていませんが汗汗)素晴らしいCDなので、ぜひ皆さんも一度聞いてみてください。個人的には、自分では弾きたくても弾けないハンガリー幻想曲(メルツ)が好きですね。あと、 ハープと影(ブローウェル)は、このCDで初めて聞きましたがなかなか面白く、これこそ生で聞いてみたいと思いました。いったいどんな世界観が広がるのか、CDだけではもったいない感じですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あしゃお

Author:あしゃお
名前:麻尾佳史
住所:兵庫県宝塚市
年齢:昭和56年生まれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。