スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武井荘さんのトレーニング理論

武井荘さんと言う方をご存じでしょうか?
百獣の王を目指してトレーニングをしているタンクトップの芸能人です。あらゆる動物との戦いを想定したシミュレーションをしているとか、一日45分しか寝ないとか、もうこの時点でそう言うキャラで売っている人なんだな、と言うある意味色眼鏡で見ていました(失礼)。

ところが、先日新聞に載っていたインタビュー記事を読み、トレーニングや運動競技に関してはかなりの理論派であると知りました。

実は武井さんには競技歴たったの2年半で陸上十種競技で全日本チャンピオンになった経歴があります。そんな彼のアプローチは、「自分の体を自分の思い通りに動かすための練習」と「体自体のトレーニング」を徹底的に行い、個々の競技練習の時間を省く、と言うものだったそうです。

十種競技を全ての種目まんべんなく練習するには、通常の方法だと多くの時間とそれに耐えうる体力が必要です。それでは競技歴の浅い彼には勝ち目はない。そこで思考法を変え、「思い通りに動く体」を手に入れることで十種いずれにも対応する、と言うアプローチを取り、実際にみごと優勝してみせたと言うことです。(むしろ、彼の理論を利用して浅い競技歴で結果を残すには、種目の多い十種競技がむいていると考えた、と言った趣旨の発言もあるようですね)

武井さんはテレビでは色んな意味で突き抜けたキャラをされてますが、おそらく相当頭のいい人なんでしょうね。これはすごい方法論です。そして、これはもちろんギターにも応用ができる、と言うよりむしろ応用させなければいけない話だと思います。



似たような話だと、以前にギタリスト松下隆二先生から伺った次のようなエピソードがあります。公開レッスンを受講時に、松下先生が初見の楽譜をあっさり(しかも当然のように練習してきた私より上手に)弾くので、「すごいですねぇ・・」と尊敬と嫉妬の発言をしたところ、松下先生はにこっと笑って、「指が運指のパターンを覚えてしまっているので、楽譜を見てどこで運指をとるかさえ決めてしまえば、もう弾けてしまうんです。便利でしょう」とおっしゃられました。「あぁ、なるほど」と納得したものの、それができないから苦労するんですよ、と言う気もしましたが。(ちなみに、こう言うある種の自慢のような話をさらっとされて、それが嫌みにならないのは松下先生の人徳だよなぁ。と別なところでも羨ましく思います。w)

その時の私は、「あぁ、練習曲や古典を散々練習すればいつかこのような境地に達するのかなぁ」と思ったものでした。が、今思うと、先生のアプローチはその一歩先を行かれていたのかも知れませんね。すなわち、「こう押さえよう、と思えばその通り押さえられるための指」を獲得しているのかも知れません。これなら、「運指を決める」「曲想を決める」の二つをするだけで、個々の曲に対する練習をほとんどすることなく演奏することが可能になります。

私は相変わらず基礎練や練習曲があまり好きではないのですが(好きな練習曲はありますが、それはその曲がたまたま好きなだけであって、「練習曲が好き」と言うのとは違う)、無駄を省いて演奏の質を上げられるようにこのアプローチはぜひ取り入れていきたいと思います。

ただし、本当に好きな曲は「演奏していて楽しい、気持ちいいから弾く」からするのであって、「練習したいから弾く」のではないところは問題ですね。極端な話、仮に練習時間ゼロで完全に弾けるようになったところで、好きな曲はやっぱり演奏したいですから^^;



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あしゃお

Author:あしゃお
名前:麻尾佳史
住所:兵庫県宝塚市
年齢:昭和56年生まれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。