お勧めの簡単な曲

先日、ギターを始めて1年目くらいの方にお勧めの曲はないですかと聞かれたことがありましたので、私の独断と偏見によるお勧め集を紹介したいと思います。よろしければ参考になさってください。

ざっくり上から下へいくに従って難しくなって行くと思います。(かなりざっくりで、根拠はありませんのであしからず f^^;)

・ノクターン(C.ヘンツェ)
・舟歌(N.コスト)
・マリアルイサ(サグレラス)
・小さなロマンス(ワルカー)
・ぴかぴかワルツ(ベネズエラ民謡)
・ラグリマ、アデリータ(F.ソル)
二つのワルツ(F.クレンジャンス)
シンプルソング(佐藤弘和)
・バーデンジャズ組曲の第一楽章シンプリスタス(イルマル)の前半 
・11月のある日(ブローウェル)の前半
Wating for Dawn(A.ヨーク)

番外編として、カルカッシの25のエチュードは、常にやっとけばいいかと思っています。



ところで、簡単な曲とは何か、と言うのは実は難しい問題ですね。

単純に定義するならば、簡単な曲=譜読みがし易い曲=音数の少ない曲 と考えがちかも知れません。しかし、実際にはことはそう単純ではないですね。

例えば、大編成のアンサンブルでたった一人が唯一ヶ所だけ音を間違えたとしても、これは耳の肥えた人でないと気付かないでしょう。もちろん音にもによりますけど、残念ながら私は気づけないのではないかな。これに対して、バック演奏なしで一人で歌う歌手は、一ヶ所音程をはずしてしまうとみんなにばれてしまいます。同じ事がクラシックギターの演奏にも言えるのではないでしょうか。

もっとも簡単な曲は、極端に言うと一つの弦で単音によりメロディを奏でるパターンです。これは確かに譜読みをし、音を出すのは簡単なのですが、ミスをごまかすことができません。音の単純さに比例して演奏失敗時のリスクが増大していると言えます。もっと言うと、曲の表現などもごまかせませんね。音が単純であればあるほど奏者の技量が明確になると言うことができます。

これに対し、複雑な和声が早いリズムで続く曲では、ちょっとしたミスは致命傷になりえません。リズムとテンポがキープできれば、聞き流してしまえます。音数の多さによって演奏失敗時のリスクを下げることができます。また、弾けているだけですごい、と言うインパクトが与えられますので、実はその分演奏者にとって有利と言うこともできます。

ギターをやっていて色んな複雑な指の動きができるようになってくると、いわゆる「難曲」を弾くのが楽しくてしようがなくなりますよね。しかし、音数の少ない曲を「簡単な曲だ、レベルの低い曲だ」と断罪するのでなく、それらをどうやって料理するかを考えることが、実はさらなるレベルアップへの隠された道かも知れません。

この記事で上げている曲は、譜読み・運指はそこまで難しくないと言う意味で、初心者の方にお勧めできる「簡単な曲」であると同時に、最近難曲ばかり弾いていて伸び悩まれている方にもお勧めできるのではないかと思います。初心に返ることはいつでも重要ですね(と自分に言い聞かせる・・)

PS:
メッセージを下さっていたRさん、ありがとうございました。連絡をしたつもりですが、もし届いていなかったら申し訳ありません。いずれまとめようと思っていたので、今回記事にしてアップしました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お久しぶりです!
この間は質問にお答えいただいてありがとうございます。
そして、楽譜をいただいた「Hey和」はまだ完ぺきとは言えませんが弾けるようになってきました。改めて感謝です。
麻尾さんのYou Tubeを見ていて麻生さんが弾いている押尾コータローさんの「風の詩」がとても気に入りました。なので楽譜を買おうと思うのですが、麻尾さんが弾くあたり使っていた楽譜は なんですか?教えて下さい。

Re: No title

>らあやさん
コメントありがとうございます。
風の詩はDramaticに収録されていて、楽譜はドレミ楽譜出版から押尾コータローさん監修で出ていますよ。私が演奏をアップしている「プロローグ」もこの曲集に収録されています。

クラシックギターらしい響きを活かしたいと思っているので、私の演奏ではタブ譜で指定されているのとは違う運指をしているとこるが結構ありますが f^-^;

いい曲なので、ぜひ挑戦してみてくださいね。
プロフィール

あしゃお

Author:あしゃお
名前:麻尾佳史
住所:兵庫県宝塚市
年齢:昭和56年生まれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR