しばらく更新が空いてしまいました。(最近この始まりばっかり汗)

12月頭にクラブの後輩の結婚式2次会があり、声をかけていただけたので出席してきました。嬉しそうな新郎新婦はもちろん、久しぶりに会えるクラブの仲間にも多く、仕合せな一時を過ごせました。

その宴席の最後には、新郎が「新婦にサプライズプレゼントです」と、ギターを取り出してソロ曲の演奏を披露してくれました。新譜を喜ばせたいとの思いで、秘密にして練習したとのことでした。

・・結婚式前にすでに二人で暮し始めていたのに、秘密で練習ってどうやってやってたんや・・??と言う私の疑問(と若干の不安・・)もよそに、素晴らしい演奏を聴かせてくれました。すごいなぁ。で、その演奏曲は、中島みゆきさんの「糸」でした。

私はこの曲、Bank Bandさんのカバーで知りましたが、とてもいい曲ですね。
旋律や和音がいいのはもちろんのこと、歌詞もまたいい。
歌詞はコチラで見られます。今回はこの最後の部分を引用したいと思います。

縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます


「仕合わせ」の漢字が見慣れませんよね?「幸せ」ではなく「仕合わせ」です。

この言葉に関して、呉智英さんが著書「言葉の常備薬(双葉文庫)」の中で興味深いことを語っています。

(以下引用)
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
塩原経央は言う。「試合」と「幸せ」は、このようにすると見えにくいが、本来の意味の上から「し合い」「し合せ」と表記すると、両者が対になった対比語であることがわかる。「わが国では他人と『し合う』ことで幸福を手にいれようというような文化的土壌はなかった」。それとは反対に「なすことを互いに合わせること、すなわち『し合わせる』ことが幸福であると考える民なのであった」
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
さらに、、この30年ほどの「幸」の許容訓として「しあわせ」も認められるようになってきているが、それ以前の辞典では許容訓はあくまで「さいわい」のみであったとし(※)、以下のように続く。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
「しあわせ」に一番近い語は「めぐりあわせ」である。運命が「めぐりあわせ」るように、自分がそのように「しあわせ」るのである。従って、「めぐりあわせ」に良し悪しがあるのと同じく、「しあわせ」にも良し悪しがある。一九七〇年代までの小説に「しあわせの良いことに家庭にめぐまれだした」だの「彼女はしあわせの悪い女であった」だの、いくらでも出てくる。これを「幸せの悪い女」と書いたらおかしいのは言うまでもない。漢字では「仕合せ」と書くのが普通なのも当然なのである。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


「仕合せ」という言葉には、こんな深い意味と成り立ちが隠れているのですね。ちなみに、中島みゆきさんがこの曲を創られたのは1992年(wikipedia調べ)とのことですので、「幸せ」が認知されてきた時期になります。とすると、中島みゆきさんはあえて「仕合せ」の漢字を使用したと考えるのが妥当なのでしょう。

私は、「幸」を「しあわせ」と読み幸福の意味と捉えることに何の違和感もない人(世代というべき?)ですが、この意味を携え、逢うべき糸に出逢える仕合せに感謝して生きたいと思います。

このたび結婚された後輩に、これからもよい仕合せがありますように。



(※:実際の言葉の常備薬では、「幸」の許容訓は「さいわい」であるにも関わらず、ためらいなく「しあわせ」と読む塩原経央氏の無知をあげつらう内容となっているが、当記事の趣旨からはそれるためここでは言及しません。興味がある方は該書籍をあたってください)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

あしゃお

Author:あしゃお
名前:麻尾佳史
住所:兵庫県宝塚市
年齢:昭和56年生まれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR