よいお年を

今年も後少しですね。 今年は紅白歌合戦みながらのゆびりしています。 やはり、X Japan が楽しみですね! 先日のミュージックステーションスーパーライブでのオオトリでのX、メンバーコールでTAIJIとHIDEがでてきたときはちょっと泣きそうになりました。 と言うか泣きました(T-T) 今日は何を演奏してくれるんでしょうか。

それでは皆さまよいお年を。
スポンサーサイト

"さくら"による主題と変奏

"さくら"による主題と変奏
Theme and Variations by Japanese Folk Song "SAKURA"



作曲:横尾幸弘(様々な版がありますが、上記演奏は改訂版を使用しています)

日本人なら誰でも知っているさくらさくらの民謡、クラシックギター向けの変奏としては、横尾幸弘さんのものが定番です。John Williams(ジョン・ウイリアムス)の演奏で一躍有名になったということです。

もともとの経緯としては、下記とのことです。
1) 横尾さんの演奏(原版)が世に出る
2) 1)をジョンが聞き、気に行って横尾さんに連絡
3) 横尾さん、改訂版を作成しジョンに送付
4) ジョン「前の方がよい」と言うことで改訂版を使わず、原版で演奏/録音・・
と言うことで、世には大きく2種類の版が存在しています。

○原版
ジョンの系統のもの。現在GSP社から発売されているものも、こちらのようです。
構成は「Introduction, Theme, Variation(1st-4th), Coda」で、さくらの主題(ラーラーシー)がわかりやすく提示されます。変奏が4つなので、演奏時間も5~6分くらいと比較的短めです。
※現代ギターさんで購入可能です。注釈は下記の通り
「セルシェルが録音に使用した版。ジョン・ウィリアムズは録音時期により演奏した変奏が異なりますが、本ピースが近い版となります。」

○改訂版
横尾さんが「世界のジョン」に向けて(気合を入れて?)作っただけあって、変奏の種類も増え、凝った作りになっています。さくらのテーマ(ラーラーシー)も、原版ほどはわかりやすくありません。構成は「Introduction, Theme, Variation(1st-6th), Coda」となっていて、変奏が増えています。演奏時間も8分程度かかります。大萩康司さんはこの改訂版を用いて録音されているようです(アルバム「島へ」収録)。私は未買の未視聴ですが。私は今回の演奏にあたり、横尾さんの思いのつまったものを演奏したいと言う思いで改訂版を使用しました。・・・嘘です、、最初手元に会った改訂版を使用して取り掛かりました。後ほど、GSP社の原版を購入し、差異を教えてもらった、と言うのが事実です。

ところで、実はこの改訂版にもいろいろな種類があります。ここでは、大きく下記2点を取り上げたいと思います。

①第二変奏最後の和音(私の演奏で3分29秒あたり)
第二変奏は「ラレファミ」の和音で終わりますが、ファには♯が付いています。ここで一気に和の香りがしなくなるため、誤記では?との解釈もされるようです。ちなみに、前述の大萩さん録音では、「ハーモニクスのミ単音」にされているため、この議論は不要になっています。

この和音は原版第三変奏に相当するところで、原版では♮(ナチュラル)ファの表記です。正確には、イ短調で臨時調号なし。改訂版にするにあたりファを♯に変更し、さらに第三変奏を追加した、と言うのが変更の履歴のようです。

この改訂版で追加された第三変奏がポイントで、もともとは横尾さんが別で作曲されていた練習曲を、変奏の一つとしてこの「さくら」に追加したもの。確かに、この第三変奏では(変奏にも関わらず)さくらのテーマそのものは出てきません。練習曲と言うことで、フレーズの終わりはE(♯ソ)⇒Amへの終止を伴う構成になっています。この、西洋的終止の変奏前最後の音と言うことで、日本的旋律から西洋的和音の橋渡しの役目として、ファを♯にしているようです。

②第六変奏 12小節目の「ミ」(私の演奏で6分45秒あたり)
12小節目(最後から二小節目) 低音の旋律が、もともとはシラファ「レ」ファラシレであったのがシラファ「ミ」ファラシレに改訂されているのが、最新と言うことです。ここは、演奏される方にはぜひ両方試してもらいたいところです。「レ」だと少し重たく沈むのが、「ミ」にすることで旋律が大きく跳ね上がりコーダに向かっていくエネルギーが出てきます。


というわけで、横尾幸弘さんの「さくらによる主題と変奏」の演奏紹介と、楽譜に関する情報でした。
普通に聞いても優れた名曲ですが、隠された歴史や思いを知ると、もっと素敵で演奏するのが楽しくなりますね。

先日飲み会にて、この曲の楽譜の話になりましたので、残しておこうと記事を書き、合わせて動画もアップすることにいたしました。過去に猪居ギター教室定期演奏会にて発表した際のもので、「もう少しできるだろう」と少し悔いの残るところがあったためお蔵に入れておりました。が、その後この曲の人前演奏の予定がなく、この時よりうまい演奏を録音できる予定がないため(汗)今回アップロードします。

[2016/1/24] 松下隆二とギターの仲間たちコンサート

普段は地元大阪の猪居ギター教室で猪居信之先生にレッスンをしていただいていますが、たまにその他諸先生方の公開レッスンも受けさせていただいています。普段と違う目線でレッスンを受けられるのも有難ければ、他の方のレッスンで自分と異なる演奏方法や曲目に関するレッスンを間近で見られるのも非常に勉強になります。皆さんも、レッスン会の受講や、難しくても聴講で参加してみることをお勧めします。(私が他の先生方のレッスンを受講することを、快諾してくださる猪居先生にも感謝しております。当たり前のことですが、自分の教え子をよそ様の前に出すというのは、できそうで勇気のいることでもあると思っています・・。)

とはいうものの、実は子供ができて以降、私自身はレッスン会に参加する時間がなかなか取れていないのが実情です。それでも、なるべく参加させていただいているのが九州在住松下隆二先生のレッスン会です。そんな松下先生のコンサートが年明け1月に大阪守口氏で催されるのですが、その第一部では「第一部はこれまでレッスン会にご参加いただいたギター愛好家の方々とのデュオ演奏による共演。(松下さんご挨拶より抜粋)」と言う企画と言うことで、わたくしも共演させていただけることになりました。


同じく第一部で参加されます高橋さんは、私に公開レッスン受講を勧めて声をかけてくださった恩人です。また、松崎さんは大学時代の関西学生ギター連盟の先輩で、猪居門下の先輩でもあります。社会人をされながらギターに精進され、今月にはソロコンサートも開催されました。お二人ともコンクール実績も素晴らしく、幅広い活動をされています社会人ギタリストとして尊敬しています。舞台では経験豊富なお二人に見劣りせずに済むよう、準備したいと思います。

第二部では、松下先生のソロに加え、これまた素晴らしいギタリストである岩崎慎一先生とのデュオも予定されており、自分の出演を度外視してもぜひお勧めしたいコンサートです♪

■日時: 2016 年1月24日(日)16:00 開演 15:30 開場
■会場: BUNROKU 文禄堤~薩摩英国館~
      (京阪守口市駅 東出口より徒歩3分、地下鉄谷町線 ①番出口より徒歩2分)
■入場料(予約制):
 一般 2500円, シニア 大学生 2000円
小中高生1000円 (世界の紅茶1ドリンク 別途450円)
■予約申込み:  大阪ギタースクール TEL&FAX 06-6992-3804
■後援: 猪居ギター教室, 日本ギタリスト会議

■曲目:
1 部 <松下隆二とのデュオ>
高橋通康 Duo II Op.55 F.ソル
松崎祐典 Largo、Rondeau Op.34-2 F.カルリ, フール・オン・ザ・ヒル レノン&マッカートニー/L.ブローウェル編
麻尾佳史 Tango, Milonga y Final M.D.プホール

2 部
ソ ロ 松下隆二
デュオ 岩崎慎一&松下隆二

matsushitaryuuji_concert.jpg
お時間ありましたら、お越しいただけますようお願い致します。

プロフィール

あしゃお

Author:あしゃお
名前:麻尾佳史
住所:兵庫県宝塚市
年齢:昭和56年生まれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR