スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一流のコックさんじゃなくても、おいしい家庭料理を作ることができる

松下先生の公開レッスンを受講してきました。今回もたいへんためになりました。
自分のレッスンもさることながら、他の方のレッスンを聞くのもものすごく勉強になりますね。

他の方の受講を見ていて、初めてバッハに取り組んでみたいかも、と思いました。これまでは難しそう、敷居が高そうでずっと敬遠してきたのですが。きっと、今回のレッスンの内容が、導音や四度進行・偽終止など、私がちょうどぎりぎりわかるくらいの内容だったのが大きかったのだと思います。とは言え、興味はどちらかと言うと音楽的な興味と言うよりもパズル的な、理系心をくすぐられる、と言うところが大きく、実際に取り組むかはまだどうかな、、でも、食わず嫌いの苦手意識がなくなったのは大きいですね。

私は、カルカッシのエチュードを用いて、脱力などのメカニカルな部分を見て欲しい、と言ってレッスンを受けました。結果、もちろんメカニカルな部分のアドバイスはいただきましたが、どちらかというと、エチュードを「音楽的に」弾くことに主眼をおいたレッスンをしてもらうこととなりました。これは、技術はあくまで音楽を表現するためのものであり、表現なくしてテクニックを磨いても仕方がない、技術と表現は表裏一体である、と言う松下先生のメッセージなのかな、と私は受け取りました。

詳しいレッスン内容は後日また書くとして、今日はレッスンの後食事会で松下先生がおっしゃられていた一言を書きたいと思います。

私が「クラシックの曲にクラシックとして取り組もうとすると、どうしても専門に研究している人に敵わない。なので、クラシックのテクニックを積極的に取り入れていきたいと思って、今日は音楽的な内容よりもテクニックを教えて欲しいとお願いした」と言ったようなことを言ったところ、

アマチュアの方がプロの方に敵わないとは限らないんじゃないですか。一流のコックさんじゃなくても、おいしい家庭料理を作ることができますよね。むしろ、プロと言うと、こうしなきゃいけない、こうあるべきだに縛られるときもあるので、自由なアプローチをできるのが羨ましいときもあるんですよ。

うん、ビールを(一杯だけだけど)飲んでいたので、なんか自分に都合の言いように翻訳してしまった気がする。けれどとにかく、なんか、励まされました。よし、演奏もっと頑張ろう!と思いました。自分のいいと思うことをやる自由さと、プロのいいところを取り入れることは必ずしも矛盾しない。そんなの簡単なことなのに、プロへの僻みと言うか劣等感みたいなもののせいで、変に難しく考えていました。

先日の福田先生の枝豆の話と共に、有り難く胸にしまわせていただきたいと思います。
松下先生、主催の高橋さん、協力の大阪ギタースクールさん、ありがとうございました。
スポンサーサイト

松下隆二 ギターリサイタル(2/24)、公開レッスン(2/25、26)のお知らせ

ここのところ、毎年公開レッスンを受講させていただいている松下隆二さんのレッスンを、今年も受けられることになりました。松下先生のレッスンは、曲への豊富な知識に基づく的確な指摘もさることながら、ギターや音楽に真摯に取り組まれているその空気を共有できるのがなんとも言えず幸福なんですね。なので、今年もとても楽しみです。


子どもが生まれてからあまり休みの日の予定を入れられていないのですが、、たまたま奥さんと子どもが実家に帰省するタイミングで公開レッスンがあるということで、受けられることになりました。なんか縁があるようで嬉しいですね。

と言いつつ、最近暖められている曲があまりないので、今回はカルカッシのエチュードを題材に、特にメカニカルな強化点やトレーニング方法などの基礎的な点を見ていただこうかと思っています。もしこの記事読まれて興味を持たれた方、気軽に覗きに来てくださいねー。

また、レッスン会に先立ちまして、24日には大阪ギタースクールさん主催でリサイタルも開催されます。会場のアイリスカフェは、またギター演奏にちょうどいい大きさで仕合せな一時を過ごせること間違いなしですので、お時間あるかたは是非足をお運び下さい。


○松下隆二 ギターリサイタル
2012年 02月 24日  開演:19時「ギターで綴る昭和の日本」
プログラム等詳細はコチラ


○松下隆二先生のレッスン会
守口市民会館さつきホール(地下鉄谷町線守口駅④番出口すぐ)
25日 403号室、26日32号室

・25日:15分演奏アドバイスおよび40分/60分レッスン (13:15~18:10)
アラビア風奇想曲/タレガ
カヴァティーナ/マイヤーズ
独創的幻想曲/ヴィーニャス
ファンタジー第7番/ダウランド
ジーグ/ポンセ
スペイン舞曲第5番/グラナドス
魔笛/ソル

・26日:60分レッスン (13:10~18:30)
カルカッシの25のエチュードより/カルカッシ(私です) 
アンダンテ、アレグロBWV1003/バッハ
パッサカリア/ヴァイス
プレリュードBWV998/バッハ、ワルツ/ポンセ

夢のかけら

夢のかけら



作曲:幸塚淑夫

仮面ライダー555(ファイズ)より「夢のかけら」を演奏しました。
仮面ライダー555は2003年~2004年にかけて、仮面ライダーシリーズとして放送されました。

当時大学生でクラシックギター部にどっぷり浸かっていた私は、仮面ライダー好きの知合いに「主人公が音大生でクラシックギターを弾いている!」と言う情報を知らされました。私は元々戦隊ものにもライダーものに詳しくないので、そうか、そんな時代なのかーと思ったくらいでしたが、その後彼から借りたビデオで、劇中で実際にこの曲を弾くシーンを見て「格好いい!!」と興奮したわけです。そして、色々調べたところ、これはファイズ用に新しく作曲された曲で、幸塚淑夫さんと言う方によるものだと言うことまでは調べがつきました。・・・が、そこから先が一切情報がない!

で、色々ギター部関係の人に会うたびに、「あの曲かっこいいんだけどどこかに楽譜ないかなぁ」と言い続けていたところ、大学の発表会で出会った子が、「僕もあの曲好きです。」と言って耳コピした楽譜をくれました。ありがとう。顔は覚えているんですが、名前が・・。今でも感謝しています。彼は元気にしているのかな。彼が今でもギターを弾いていてくれたらなぁと思いますが、、もう10年近く前なんですね。

当時私がはまっていたのはタンゴアンスカイ・リブラソナチネを始めとするディアンスの曲と、ピアソラ(およびプホール)の曲でした。後は、澄み切った空(シネーシ)など、とにかく派手な曲、わかりやすい曲が大好きだったんです。そんな私にとって、この「夢のかけら」は、格好いい曲のいいとこ取り(失礼!)をしたような、まさにやりたい曲でした。
テレビ向けと言うことで万人ウケすることを狙ってあるのでしょう、2分と短く、さらに全編美味しさでできてるような曲です。でも、クラシックギター弾きの方でも、おもわずニヤっとしてしまう曲になってます。

PS:
この記事を書くにあたって仮面ライダー555のことを少し調べましたが、これはものすごく深いストーリーになっているようですね。仮面ライダーの所謂「怪人/悪者」側の視点に切り込んだ内容のようで、あらすじを見ただけでも切なくなってしまいました。
ちなみに、この何年後かには、なんと「音叉」で変身するライダーも出てましたね。それこそ、細川茂樹が主演して話題となった仮面ライダー響鬼でした。
プロフィール

あしゃお

Author:あしゃお
名前:麻尾佳史
住所:兵庫県宝塚市
年齢:昭和56年生まれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。