スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tears in heaven

Tears in heaven
ティアーズインヘブン

作曲:Eric Clapton
編曲:佐藤 弘和



E.クラプトンの名曲、Tears in heavenを演奏しました。佐藤弘和さんによる編曲です。この編曲に関しては、以前にこのブログで紹介しました。(コチラ

この曲は4歳で事故死してしまった息子を想いClaptonが作ったものです。子どもを失っても強く生きようとする気持ち。それでも襲いかかる、やるせなさや怒り。頭に浮かぶ子どもの面影。そしてそれら全てを包み込む大きな愛。そう言ったものが表われた素晴らしい編曲になっていると思います。

想いを込めて演奏したので、舞台の上で涙がこぼれそうになりました。言葉にならないことを、言葉にはできないこと託せるもの、それが私にとっての音楽です。



第49回猪居ギター教室定期演奏会(2011/4/23)での演奏です。お越しいただいた方、ありがとうございました。当日は、ラグリマ繋がりと言うことでAdelitaとセットで演奏しました。
スポンサーサイト

アデリータ

Adelita
アデリータ
作曲:Francisco Tarrega



フランシスコ・タレガ作曲のアデリータを演奏しました。シンプルで美しい小曲です。
シンプルであるが故に誤魔化しがきかないので、人前で演奏するのには勇気が要りました。アップロードするかも少し迷ったのですが、別に自分の実力なんだから今さら恥ずかしがっても仕方ないなぁと思って紹介させてもらうことにしました。

レッスンで一番目からウロコだったのは、テンポ設定に関してです。
この曲はLento(ゆっくりと)のテンポ設定になっていますが、極端に遅くすると曲の流れが損なわれる、と。出だしのスラー(ミ-レ♯)が、そのまま2拍目のシに自然と落ちていけるテンポで、衒いすぎた印象を与えないよう注意しています。

第49回猪居ギター教室定期演奏会(2011/4/23)での演奏です。お越しいただいた方、ありがとうございました。当日は、ラグリマ繋がりと言うことでTeras in heavenとセットで演奏しました。

村治佳織さんおススメ欧風プリン

先日近所のスーパーに食料の買い出しに言っていたとき、妻に呼び止められました。手にはこんなものが!

村治佳織さんおススメ欧風プリン
欧風プリン

妻は別にギターをやっているわけではありませんが、さすがに家で私がこれだけしょっちゅう弾いているとそれなりに詳しくなるらしく、村治さんの顔と名前も覚えてくれていたようです。それにしてもスーパーの食品棚に並ぶデザートに村治さんの写真があるってなんかすごい違和感。しかも安売りされていた・・さすがに主婦層に村治ブランドの神通力は通用しないのか?!



パッケージの写真は、アルバム「ポートレイツ」のジャケットや楽譜「村治佳織ギターソロコレクションvol.2」の表紙と同じもののようですね。並べるとこんな感じ。

プリンと楽譜

容器には、こんな記載もありました。
『♪クラシックギタリスト 村治佳織さん♪
日本とヨーロッパを拠点として世界的に活躍する村治佳織さん。幅広いフィールドで活躍し、食にも造詣の深い村治さんが、「ヨーロッパ」をキーワードに毎日の気分転換やリフレッシュにおススメのプリンを紹介します。』

食べてみると、クリーミーでメロンの風味もありとてもおいしいです。食に造詣の深い村治さん(って今日初めて知りましたが)おススメなだけあります。ただ、プリンらしさはあまりないかも・・?


オハヨー乳業さんが今年の五月から始めたキャンペーンの一環だったようです。→詳細はコチラ
他にもヨーグルトや飲料など10種類もの商品が順次販売されていくようですので、見つけたら他のも買ってみたいですね。

新井伴典先生 公開レッスン聴講

今週大阪で新井伴典先生のレッスン会が開かれましたので、聴講に行って来ました。
と言っても、友人の結婚式やらなんやら予定がありましたので、初日の最初の1時間しか聞けませんでしたが・・。

生徒さんは、R.Dyens作曲の"LIBRA SONATINE"より、第3楽章"Fuoco"で受講されていました。

※レッスンを元に私が感じたことを書いており、あくまで私の解釈であることをお断りしておきます。

・現代曲は作曲者が生きており、曲の解釈に関して本人の弁を聞けるため曲に関しては迷いが少なくてすむ。
・リブラソナチネは作曲者Dyensが病にかかってから治るまでの体験がストーリーとして奏でられている。
 1楽章が心臓病(不整脈)、2楽章が手術前/中の不安、3楽章が手術後の復活を示している。
 →このあたりはなんかのCDのライナーノーツに詳しく書いていたような(木村大の「駿馬」かな?記憶があいまい)。
・3楽章は復活した喜びを提示できるように、色々遊び心を楽しめばよい。繰り返しがあるところは1回目と2回目で表現をかえるとか。
・1楽章INDIAの最初のド#ファ#は、救急車の音にも聞こえる。この音型は2楽章の最初の方や3楽章のアルペジオでも回帰される。音が下がっていくの救急車のドップラー効果と思ってもおもしろいかも。

・指をセットできるところはなるべくするように。(あいてる弦にあいている指を予約してしまう)
・フランス語は全て訳してきちんと理解しておくこと。
・アクセントはしっかりつける
・特殊奏法のところは、雰囲気の方が大切だから多少指使いを指定から変えてもいいんじゃないか。

生徒さんは、難しい曲を元々しっかり弾いてらしたのですが、新井先生のアドバイスを受けながらイメージを変えていくと、曲がどんどん楽しくなっていくのがわかり見ていてわくわくしてきました。

私もこの曲は大好きで、怖いもの知らずだった学生時代にはオハコ(?)と思って弾いてました。レッスン聞いていてもっと自由に弾きたくなったので、今日少し弾いてみたらあんまり指が動かなかったです・・ また練習しておこうっと。
プロフィール

あしゃお

Author:あしゃお
名前:麻尾佳史
住所:兵庫県宝塚市
年齢:昭和56年生まれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。