スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猪居ギター教室レッスン(12/22)

猪居ギター教室レッスン(12/22)

この日は用事のため遅刻していったので、Tears In Heavenの一曲のみのレッスン。

○Tears In Heaven(Eric Clapton、佐藤弘和編)
・イントロ裏拍のシ(2弦開放)の音がメロディの邪魔をしないように弾くこと。ただし、音量を落とせばいいって話ではない。タッチを流す感じで音を出して、音量は出すが主張しない音にする。
・同様の音の出し方は、曲中のメロディ以外の音のところ全てで意識していく。
・イントロ(Lagrimaのモチーフ)から、気がつくとTears in Heavenが始まっていた、と言うようにメインに入っていく。
・低音の流れに気を配る。
・マイナー転調の前の6連符のところで、一度全てが崩れる感じ。ハーモニクスの後完全に空気を変えて、マイナー部分に入る。
・マイナーのイントロ直後の部分、私のイメージでは、怒りややり切れなさと言った、どろどろした感情を表したいと考えている。その感じを先生に伝え、そうするためにはどのようなタッチをするべきか話し合う。
・3連符が続くところでは、それぞれ頭の音(テヌートがついている)をしっかり強調する。
・その後の16分音符allargando(音を大きくしながら減速)の前でいったんp(ピアノ)の指示があることに注意。
・きらびやかになるところは、全部がうるさくならないように
・最後のrall.から6弦ミのフェルマータで一度曲を終わらせる。と、そこにLagrimaの旋律が思い出したように還ってくるようにするのがいいんじゃないですかと。確かに、そう弾くと最後が劇的にドラマティックになった。

この曲のレッスンでは、自分のイメージ・伝えたいこと・やりたいことを普段以上に明確にしてレッスンに臨むようにしています。そして、客観的にみたときにそのイメージがおかしくないかや、それを伝えるにはどのように演奏するべきかを学びたいと考えています。
普段のもっとクラシックな曲だと、そもそものイメージや構成が固くて自由度が少ないと思うので、この曲をうまく利用して普段できないことを吸収したいですね。
スポンサーサイト

私的な音楽観

<まえがき>
今日は、私が音楽に関して感じていること(あるいは音楽に託していること)を語ってみたいと思います。
本質的には、今日ここで書こうとしていることは言葉で語るべきことではないかもしれない。言葉で伝えられることではないかも知れない。けれども、いつかは表明したいと思っていたことなので記そうと思う。半分は将来の自分のため。
忘年会でお酒を飲んで気持ちがよく、大きくなっているというのもあると思う。多少。。



<本題>
音楽を語る前に、「言葉」に関して語りたいと思う。私の音楽に対する気持ちは、言葉に対するある種の諦めからきているから。

「言葉」は、人間同士の意志疎通を可能にするための非常に優れた道具だ。論理的にものごとを進めるには最適である。仕事をするうえでは、日常生活を送る上ではその便利さのみで通り過ぎれる。

けれども、大多数の人と意志疎通を図るために、言葉は大切なものを置いてきてしまった。それは個々人の「経験の唯一性」だ。「青い」「悲しい」と聞いて、この言葉の意味をみんなすぐに思い浮かべられるだろう。しかし、誰しも一度は疑問に思ったことがあるのではないだろうか。「私の青とあの人の青は同じなのかな」「私のこの悲しみって、他の人に本当に伝わっているのかな」と。私というたった一人の人間が、いま現に感じているこの感覚の唯一性は、簡単に言葉にして、簡単に他人に伝えることができるのか?

これは、本質的には言葉では伝えられない、と言うのが私の考えだ。例えば今、誰かが恋人と破局を迎えて悲しんでいるとしよう。この「悲しみ」は、飼っていたペットが亡くなったときの「悲しみ」とは違うし、電車に乗り遅れたときの「悲しみ」とももちろん違う。たとえ「恋人と破局した」と言う修飾で条件を限ったとしても、高校生のときに初めて付き合ったあの子と別れたときの「悲しみ」と、社会人になってからずっと付き合っていたけど、遠距離が原因で話し合って別れることに決めたときの「悲しみ」はやっぱり違う。では、もっと修飾を・・と続けていっても、そんなことではこの「悲しみ」を正確にすることはできない。

人と表面的に分かり合いたいだけならば、これを全て「悲しい」の一言で表せるのは非常に便利だ。様々な状況を一般化し、平均化して伝える。これが言葉の持つ効果であり真価だから。けど、その言葉のうらに合った経験の唯一性、本当に大切だったことは忘れ去られてしまう。


そこで、言葉を越えるための方法が芸術である、と私は思う。私がまさに感じた「この悲しみ」「あの喜び」を、言語のもつ一般化作用なしで表現できる、これこそが芸術なんだと思う。この意味で、「即興音楽」が奏でられる人は本当にうらやましい。でも私にはそんな能力はない。気持ちを絵画に表すこともできない。だから、ギターを抱える。そして、誰かが書いてくれた曲に自分の気持ちを託し、演奏するのです。


こう言った意味で、私は曲をかける人を本当に尊敬するし、感謝もする。しかし、その尊敬の念を持った上で、あえて誤解を恐れずに言うならば、「それでも曲は演奏する人の自由だ」とも思う。

曲の解釈法を勉強することは大切だ。作曲者の意図を無視することはもちろんいいことではない。けれども、それでも、この曲のこの部分をこう演奏したくなったと言う場合に、その思いは誰にも止められないし、非難できないのではなかろうか(例えそれが好みでなく不快だとしても)。そもそも、曲に対して解釈や演奏法が厳密に定義されてしまうなら、複数の演奏は必要なくなる、とも言える。「正しい演奏」が唯一あればいいことになるし、もっと言うならば楽譜だけあればいい。それを眺めて、頭の中で「正しい演奏」をイメージして幸福に浸っていればいいことになる。でも、そんなことは私が音楽に求めることじゃない。

「私は悲しい」と暗いトーンでつぶやくのが相応しいような言葉でも、そらに向かって「くそー!悲しい!!」と叫びたいときだってあるだろう。そんなところで正しさなんて言われても心に響かないし、文法の説明をされても困る。

こんなことを思って私はギターを弾いています。もちろん、音楽理論はもっと勉強したい。演奏の上のテクニックも磨きたい。好き勝手にやってればそれでいいのではないし、大勢の人に感情が伝わる演奏をするには、そのための方法を勉強しなければならない。そのことは理解はしているつもりです。けど、一番肝心なところは忘れずに。勉強しすぎて音楽から唯一性を奪ってしまったら、なんのための演奏かわからない。
クラシックギターと言う楽器はいいですよ。楽器全体を抱いて、体で支えて演奏するんです。指で押さえて、爪で弾いて音を出すんです。人に寄り添った、感情に素直な楽器なんです。自分なりの思いを乗せて演奏ができたら一番素敵です。



<あとがき>
・・色々思いつくままに書いていたら長くなりました。
難しいこと書いたけど、結局は「ギターが好きだ」につきるはずなんですけどね。もっとうまくなりたいとか、もっと勉強しなきゃ、練習しなきゃとか、でも上手な演奏と心に響く演奏はべつなんだとか。そう言うことを自分なりに考えてきていたので、まとまっているかはともかく書いてみてすっきりです。ただ、書き始めたときには残っていた酔いが書いてる間に冷めたので、この記事をアップしようと決意したときの熱意はなくなっちゃいました(笑)。まあ勢いでかけてよかったかな。

猪居ギター教室レッスン(12/15)

猪居ギター教室のレッスン(12/15)

○Adelita(F.Tarrega)
・Adelitaは女性の名前と言われていますが、どんな人だったんでしょうね、と言ったお話。猪居先生曰く、「Tarregaはかなりモテたでしょう、こんないい曲かけてあんなに渋くて。と言うことは・・」あとは推して測るべし。
・各小節2拍目アクセントを強く出しすぎない。アクセントは「意味を持たせる」ことであって、大きく弾くと勘違いしないように。
・4小節目の「シミソシ」のフレーズに関して。私はアルハンブラの想い出の最後「ラミラド♯ミラ」を順番に弾いていく箇所を直感的に思い出したので、違う弦を使って和音が残るように弾いていた。しかし、ここは和音を遺さずに演奏した方が旋律感が出てよいのではないかと指摘される。確かにその方がこのメロディアスな曲にはあっているし、クレシェンドも表現しやすいと思う。そちらに変更。
・Emajorに転調するところ(17小節目)で、転調したイメージを分かりやすく提示する。
・19小節目のセーハ9と20小節目のセーハ7に関して。セーハ9で6弦まで押さえておいて平行移動するか、それともセーハ7で6弦まで押さえなおすか。ここはもう少し試行錯誤しようと思う。
・22,23小節目のリズムが曖昧→しばらくはフェルマータとrit.をせずに、インテンポを染み込ませよう。
・23,24小節目のB7→Eへの解決。ドミナントは「緊張」であて、「強く・大きく」ではない。ここで音を大きくしてしまうと全体の流れが悪くなる。音の響きで緊張を出せるように。

○Tears in Heaven(Eric Clapton)
・先生もこの曲レッスンするのは初めてと言うこと。
・イントロから始まって、転調部分、マイナー部分、最後きらびやかにと色々な箇所があるが、それぞれのイメージわけがまだできていない。私自身もイメージ付けが曖昧なため先生に説明しきれていないし、先生のイメージを受け取るにも、納得できない箇所があったりする。全体的にもっと噛み砕く必要がある。
・全体的に、出したいところを出すには控えめのところを作らないといけない。
・メロディを歌わせるためには、他の音を控えめに。元々歌唱曲なので、メロディがどれかはわかりやすい。
・伴奏を落とした場合も、低音はしっかり存在感のある音を保って全体を支えてやる。
・最後の方音数が多くなるところで、全部の音をがんばりすぎ。音数が増えたことで勝手に盛り上がってきらびやかになっているので、無理せず自然に弾くように。

猪居ギター教室レッスン(12/9)

猪居ギター教室のレッスン

・12/9
12/5にあった定期演奏会の話をする。私が自分のミスに関して反省の弁を述べていると、こんなことをおっしゃってくださいました。
100%間違えないけれど何も伝わってこない演奏が一番つまらない。それなら、ミスがあってもやりたいことが伝わる演奏の方が何倍も素晴らしい。あなたの演奏はやりたいことが出せているからよかったよ、と、まぁそんな感じです。
猪居先生に習いだして長いですが、そう言うところが好きで習い続けているのかも知れないなぁと今さらながらに思いました。

ただ、音楽表現以外で聞き手の心象を損ねるミスと言うのはやはり避けたい、と言う思いはありますので、そこを自分なりに補正してミスのない演奏を心がけたいと思います。実際の所、クラシックギターと言う楽器はピアノなどと比較してミスしやすい楽器であるとは感じていますが、そこに胡座をかいていたんじゃいけない。

私として、ミスを減らすための方法は、・ミスしない運指を選ぶ ・どうしてもミスするかもしれない運指を含む箇所を徹底的に反復練習する の二つだと思っています。それって結局は、選曲と練習時間の兼ね合いになってきますが、前回の発表会では曲目を決めるのが遅くて十分な練習時間がとれなかったことが大きな反省点でした。

と言うわけで、今回は12/9のレッスンですでに春の発表曲を決定しました。
一曲は、"Tears in heaven(佐藤弘和編)"にします。もう一曲は先生と相談し、Lagrima繋がりと言うことでAdelita(F.Tarrega)にしました。

この日は全体の音をさらって、音の間違いがないかなど基本的なことでおしまい。

プロフィール画像

プロフィール画像を設定していなかったので、追加してみました。

一番格好いいものを、、と思って過去の写真を色々探した結果、とある結婚式で演奏したときの写真にしました。


・・そうです、自分の結婚式です(゚∀゚)

自分らしい演出を何かしたいなぁと考えていたときに、とあるギタリストの方に「新婦入場の音楽を自分で演奏した」と言う話を聞き、これしかないと思って私も準備しました。妻も妻のお父さんも快く承諾してくれたことに感謝です。
曲は、ワーグナーの結婚行進曲にし、編曲も自分で行いました(相当緊張するだろうと思ったので、簡単めの編曲に)。当日、演奏はそれなりに上手く弾けました。しかし、妻とお父さんの歩みが想定以上に遅く曲が足りなくなってしまい、最後はコードを適当に弾くことになってしまいました。懐かしい想い出です。

この演出、私自身の友達はスルーする人かつっこむ人がほとんどでしたf^^; どっちかと言うと妻の友達に評判がよかったようです。

とまぁそんな想い出の写真を、一番自分らしいかなぁと思ってプロフィール画像にしてみました。
あのころが一番輝いていた・・なんてならないように、家族もギターも大切にしていきます。

クラシックギターの運搬[飛行機編]

先日別の記事にも書いたのですが、12/12に大学時代のクラブの友人の結婚式が横浜でありました。
私は新婦側の友人として出席し、余興としてギター演奏もしてきました。新婦の好きな葉加瀬太郎さんの曲を4人で演奏です。お酒とか緊張とか、合わせる時間が少なかったとか色々いいわけはありまして・・出来自体は決してよかったとは言い難いものになってしまいました。けれども、新婦さんが非常に喜んでくれていたので、準備したかいがあったと思います。心をこめた演奏は確実に相手に届くと思いました。

とはいうものの、この場合の心は「一緒に演奏した」と言う共通の過去が合って初めて通じるものではあるので、そこに甘えることなく、初めて演奏を聴いていただく相手の心にも響く演奏が出来るようにもっと練習したいと思います。


ところで、私は大阪に住んでいます。式場は横浜でした。長距離移動になりますので、今回は飛行機を使いました。実は飛行機でクラシックギターを運搬したのは初めてだったので、ギターの先生や製作家の方、航空会社などに話を伺いながら準備をしました。ポイントを記しておきたいと思います。ちなみに、今回私が利用したのはANA便です。

○事前準備
1)写真を撮る
万が一破損した場合に、搭乗前には破損していなかったことを証明できる写真があることが望ましいでしょう。※もちろん破損しないにこしたことはありません。。。

2)弦を緩める
衝撃が与えられた際に楽器への影響を抑えるために、弦を緩めておきましょう。

3)ギターケースに入れる
隙間がある場合には、ギタークロスなどをつめてギターが振動で痛まないようにしましょう。

○搭乗手続き時
4)手荷物カウンターへ行く
まずは、通常手荷物を預ける場合と同じように手荷物カウンターにギターを持っていきましょう。手続きに時間がかかるおそれがありますので、少し早めに空港入りした方が無難です。

5)楽器用運搬ケースを借りる
ギター用の運搬ケースを借ります。空港で見たところ、プラダンで作られているようで、そこまで頑丈なわけではなさそうです。それでも、ギターケース自体への傷を防ぐには十分でしょう。運搬ケースの予約は、残念ながらできないといわれてしまい怖いところではあります。 2010年12月より、事前予約が可能になったようです。受付期間は搭乗日の2ヶ月前から2日前まで(2011/1/22追記:)


6)バルクカーゴ室での運搬をお願いする
飛行機の客室内は気圧・温度・湿度の管理をしていますが、貨物室ではそれらの空調設備がはいらない場合もあります。ただし、ペットなどを運搬するために、空調管理ができるバルクカーゴ室はあるはずなので、そこに積み込んだ上で空調管理をするように頼みましょう。「ペットと同じようなところに入れてください」と言えば通じるはずです。

※2016/4/24追記
3月初旬、同様にANAを利用してクラシックギターを運搬しようとしました。その際は「固定ができず、振動による影響の保証できない」との理由でバルクカーゴ室での運搬は断られました。機材はB777 でした。搭乗までの時間もあまりなかったので、担当者の推奨通りに通常のコンテナでの運搬を選択しました、結果何事もなくほっとしましたが・・、到着するまでは正直少し不安でした。
状況は色々変わると思いますので、ここの情報はあくまで参考にとどめていただきたいと思います。心配な方は、事前に電話で確認するか、当日時間に余裕をもって手荷物カウンターに行くかなどし、機材も含め担当の方と打ち合わせされることをお勧めします。私も次回は、事前にもう少し詳しく話を聞くことにします。

7)保険をかける
万が一(あくまで万が一)のことが起こった場合に備えて、保険に入っておきましょう。

後は、何もおこらないことを祈りながら空の旅を楽しみます。
※ちなみに私はANAさんの機内誌「翼の王国」を読むのを地味に楽しみにしています。え、関係ないって?

○到着空港にて
8)手荷物受け取りで受け取る
バルクカーゴの荷物は人が積み卸しをしますので、あまり待たなくても係りの方がケースを持ってきてくださいます。

9)破損がないかを確認する
念のため、破損がないかを確認しましょう。破損があれば、事前に撮った写真を見せてアピールするチャンスです。


以上のような手順をふめば、飛行機利用時もほぼ問題なくクラシックギターの運搬ができるのではないかと思います。楽器運搬でここまでこだわる人はあまりいないようで、係りの人も多少不慣れな感じが少しありました。しかし、時間がかかっても決して苛立たず、笑顔を絶やさないようにしましょう。華麗に振る舞いお礼を言って、「ギタリストががどんなに楽器を愛しているか」と、「ギタリストがいかに人間ができているか(のように振る舞っているか)」をアピールです(笑)。

今回の私のケースでは、上記方法で何の問題もなく旅程を終えることができました。航空会社の方、ありがとうございました。楽しい旅行が悲しい想い出にならないように、出来る限りの準備はしてアクシデントに遭わないようにしたいものですね。

猪居ギター教室 定期演奏会

12/5に、猪居ギター教室の第48回定期演奏会に出演しました。聞きにきてくださったみなさまありがとうございました。出演者のみなさまお疲れさまでした。猪居先生、日頃の指導のみならず、当日の運営までありがとうございました。

私自身は、楽しんで演奏することができました。ただ、なめらかに曲を表現できるようになるまでに一曲目の半分くらいまでかかってしまいました。出だしの集中力が課題です。
あと、ネックが少し前に出てしまい弾きづらくなってしまいました。演奏を始める前に、姿勢をより正確に調整できるようになりたいと思います。   ・・と言うことは実際には、集中力の問題と言うよりも、弾き始めるまでに弾きやすい体勢をきちんと作れなかったことの方が問題かも知れません。

演奏は後日アップしたいと思います。


#演奏も楽しいですし、その後ギター好きが集まっての打ち上げはまた楽しい☆

小玉紗瑛さんテレビ出演

前回の記事で紹介した、猪居ギター教室で同門の生徒さんである小玉紗瑛さんが12/2の「朝日放送 がんばれ!元気ッズ」で特集されてらっしゃいました。紗瑛ちゃんは、小さいときから自分の音楽を表現しているのに感動して聞いていました。これからのますますの活躍に期待です!

ただ一点、テレビを通すことで紗瑛ちゃんの美音が少し単調になってしまっていたのが残念でした。クラシックギターに限らず、音楽は生が一番ですね。


#忙しかったせいで放送の前に紹介できなかったのが心残りです。。
プロフィール

あしゃお

Author:あしゃお
名前:麻尾佳史
住所:兵庫県宝塚市
年齢:昭和56年生まれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。