猪居亜美

先日は、私が通っているギター教室の息子さん、猪居謙さんのデビューアルバムに関して記事を書きましたので、今回は娘さん、猪居亜美さんのデビューアルバムを紹介したいと思います。

謙さんの紹介でも書いたのですが、亜美さんも当然ながら(?)むちゃくちゃうまい。お上手です。昔っから、上手。ただ正直なところを言うと、テクニック優先で曲の中の表現力というか抒情のようなものが置いてけぼりになっているように感じるときがありました。

ところが、デビューアルバムとなった Black Star を聞いて、いい意味で衝撃を受けました。まず音と録音状態がいい。そして、その綺麗な音とともに、その表現に至った必然性がすっと胸に落ちてくるような、そんな演奏です。加えて、選曲もいいですね。ご本人がインタビューで、「クラシックギターを知らない人に、こんな格好いい楽器なんだ、と思ってもらえるきっかけになりたい」とおっしゃられています。まさに、その言葉通りの、初めて聞く人に自信をもって紹介できる名盤になっています。

選曲や方向性は、デビュー当時の木村大さん(駿馬やザ・カデンツァ17)を思い起こさせますが、木村大さんがテクニックに重心があったのに対し、猪居亜美さんの方がテクニックを見せつつ曲を聞かせていると思います。

一番のお勧めは、コユンババ(ドメニコーニ)です。自分でも譜読みをしたことがある曲なだけに、余計に表現に目を見張りました。第三楽章後半のテンションの上げ方(上がり方?)と音使いには特に感動しました。また、ヒナステラのギターソナタやトゥリーナのセヴィリアーナも、勢いの中に節度があって心地よいですね。

一点私として残念なのは、、化粧が濃い目のジャケットになっていることでしょうか。笑 亜美ちゃんは普通の方が可愛い気がするな。まぁこれは好みや方向性ですからねf^^;



PS:
私がクラシックギターを、そしてこのブログを続けている主な動機は、クラシックギターを知らない人に素晴らしさを伝えたい、と言うものです。亜美さんとは土俵があまりにも違いますが、少しずつでも私ができることで、この楽器の魅力を広められたらと思います。
スポンサーサイト

サウダージ第三番 楽譜指示一覧

ディアンス作曲サウダージ第三番の、新版(2005年版)に記載されている情報の訳です。譜読みの際の参考にどうぞ。

私にはイタリア語の知識はありませんので、基本的にオンライン辞書で調べています。伊日翻訳でうまくいかない、意味が通じない場合も多いので、その際は伊英翻訳を挟むようにしています。間違いがあったらごめんなさい。

旧版では基本的にフランス語でした。新版では、文章指示の箇所はイタリア語以外に英語を書いてくれているので、わかりやすく非常に親切です。ディアンスと言うと、楽譜内に必要な指示はすべて書いているため自分の曲はレッスンをしない、と言うことで有名らしいです。そのエピソードにも頷ける、豊富な指示となっています。


二楽章最後の、「消え入るように」からの「弾いているフリをしろ」などは、大変ユニークですね。



楽譜上の指示
(基本イタリア語)
英語 日本語
lento poi accelerando poco a poco   ゆっくり、その後少しずつ加速
 a piacere pleasure 愉快に、楽しみに
dolcissimo the sweetest もっとも甘く
l.v. = laissez vibrer let vibrate 振動させて。響きを止めずに
ben cantando well singing  
liberamente freely  
piu energico more energetic エネルギーをもって
tastiera keyboard 指板
pont. = ponticello   ブリッジよりで
mano sinistra sola alone left hand 左手だけで
scorrevole 流暢な
pochiss. = pochissimo   ほんの少し
deciso decided 決定された
sempre pp e regolare always pp and to regulate  
Trillo prima lento, poi accelerandolo, rallendolo etc   最初の速度でトリル、その後アクセル/ラレンタンドなど
Mentre sempre mantenere lo stesso tempo del ritmo giu While always to maintain the same time of the rhythm down  
al niente to nothing  
faire semblant de jouer pretend to play  
Ritmico e molto preciso Rhythmic and very exact リズミカルに、とても正確に
tempo giusto just テンポちょうどで
en soulevant les doigts de la main gauche by raising the fingers of the left hand 左手を上げることによって、アクセント
2e fois seulement 2nd time only  
stopper toute resonance precedente abruptly stop any resonance preceding 突然、先行しているどのような反響でも止めなさい
soave sweet  
aspro   厳しい
àpre rough 荒々しく
perd. = perdant, perdendosi   弱々しく、消え行くように

あと、ところどころででてくる plp/ flesh は、p(親指)で爪を使わず指頭で弾くようにという指示です。ディアンスはときどきこの指示を使いますね。サティのグノシエンヌ第一番をディアンスは編曲していますが、これだと親指の低音はすべて指頭弾きを指定されています。わざと芯を無くす狙いで面白い弾き方です。サウダージ中で和音弾きおろし個所でこの指示のあるところは、私のスキルですと逆に音が汚くなるため、指板側に弾くだけにしています。

私の演奏は、こちらの記事にて紹介させていただきました。

猪居謙

私はもともと父親が吉田拓郎を弾きが立っていたのを見てギターを始め、大学のクラシックギター部を卒業後に猪居ギター教室で猪居信之先生にお世話になりだし、本格的にクラシックギターを学び始めました。かれこれ10年以上になりますね(遠い目・・

猪居先生のすごいところは、生徒のこうやりたい、を否定せずに伸ばそうとしてくださるところで、こんな私でも長く続けていられるのはひとえに先生のそんな人柄(ともちろん音楽性!)のおかげです。

で、その猪居ギター教室には二人のお子様がいらっしゃいます。一人が本日紹介する兄の猪居謙さん、もう一人が妹の猪居亜美さんです。お二人とも幼少のころからサラブレッドでギター教育を受けてらっしゃるだけのことはあり、まぁとにかく上手。すごい、の一言です。そんなお二人が、この春CDデビューをされることになりましたので、今回紹介させていただきたいと思います。まず今回は、兄の猪居謙さんから。

と偉そうに解説者ぶって始めたものの、私がクラシックギターをきちんと聞き始めたころから、コンサートや演奏会で拝見していては、「はぁ、うまいなぁ」とばかり思っていたため、正直なところあまりそれ以外の感想がありません。w
猪居謙さんの演奏では、羽衣伝説(藤井敬吾)やアクアレル(S.Assad)を生で見て、「あ、これ本当に人間が生演奏できるんだ」なーんて思ったのは覚えています。私がクラシックギタリストとしての言葉を持つ前から近くで圧倒されていた存在のため、彼を語る言葉をいまだ持ってないんですね。それでは一ギタリストとして残念なので、きちんと言葉に昇華していきたいと思います。

まぁ、そんな風に昔から馬鹿うまかった(褒め言葉ですよ!)謙さんですが、ドイツはワイマールのリスト大学に音楽留学され、さらに研鑽を積んで昨年帰国されました。そして、福田進一さんのギターディスカバリーシリーズ第二弾として、今年の3月にCDデビューされました。

猪居謙「ソナタ・ジョコーザ
面白いのは、生演奏で出てくる空気感が、CDにもきちんとおさめられているところです。難曲を演奏する場合には特徴的なパターンがあって、(弾いていることを前提として)
①何とか弾いてはいる(見ていて心配)
②難曲のはずなのに簡単そうに弾く(自分で弾いてみると弾けない・・)
であることが多いですが、謙さんの場合は少し違っていて、
③難曲を難曲として、しかし優雅に軽々と弾く
という感じなんです。難曲としての荘厳さは解体しきらず、しかしそれが聞き手の精神的負担にならないところで華麗に飛んで行く。それが、舞台で見ると非常に気持ちよくわくわくするのですが、それはCD録音でも失われていないようです。言葉で言うなら、「sophisticated」って感じです。これは、「洗練された」と言った日本語ではなく、あくまで「sophisticated」と言いたくなる、その空気感なんです。伝わるかなぁ・・。

(全然うまくせつめいできていませんが汗汗)素晴らしいCDなので、ぜひ皆さんも一度聞いてみてください。個人的には、自分では弾きたくても弾けないハンガリー幻想曲(メルツ)が好きですね。あと、 ハープと影(ブローウェル)は、このCDで初めて聞きましたがなかなか面白く、これこそ生で聞いてみたいと思いました。いったいどんな世界観が広がるのか、CDだけではもったいない感じですね。

ヴィラロボス讃歌(R.Dyens)

先日、ギター部時代の友人からこんな問い合わせメールが来ました。

「突然やけど、クラシックギター曲で、曲中に弦をちょっとだけバインって強めに弾きつつペグをうにょーんってする曲、何て名前やっけ?突然気になって夜も眠れんかった!」

答え:ヴィラロボス讃歌 HOMMAGE A VILLA=LOBOS(ローラン・ディアンス Roland DYENS)より、4楽章TUHUです。上記メールを見た瞬間わかりましたw というわけで無事に答えを導き出せ、Google先生より詳しいとお褒めの言葉をいただき嬉しかったたのでここにも載せてみます^^

歌詞がわかるポップスならともかく、インスト楽曲の曲名を探し当てるのってけっこう難しいですよね。そんなときに、思い浮かんだ単語で検索がかかってくれると助かるかもしれません。

このヴィラロボス讃歌ですが、ディアンスらしく、ギターの特性を活かした格好いいフレーズ満載です。
曲中に出てくる(というかこの曲くらいでしか見たことのない)特徴的な奏法は下記のようなものです。
・5弦7フレットと4弦2フレットのミを順番に鳴らす。さらにそれをグリッサンドさせる
・1弦開放をならし、ミ⇒♯レ⇒ミとペグを回すことで音を変化させる。 
・上記を、さらに強制ハーモニクスを用いて鳴らす。
・ペグとナットの間の、テンションが高い部分をはじいて、甲高い乾いた音を出す。ディアンスはこの奏法にsecco(乾いた)とそのものずばりの注釈をつけていますね。(これは、リブラソナチネのフォーコの最後にも出てきます。)

・・こうして言葉で聞くとなんのこっちゃですね。大萩康司さんの「BLUE」に名演が入ってますので、気になる方はぜひ聞いてみてください。ものすごく格好いいです。そしてたぶんやりたくなります。やってみるとものすごく難しいです笑

大萩さんって全体的にそういうの多いですよね、、どんな難しいフレーズも、技術的困難さをとっぱらって音楽的表現だけを伝えてくれるところが大萩さんの魅力だと、私は思っています。

余談ですが、曲中で調弦を変える(それも楽章の中でなく単一の曲の中で)というのだと、同じくディアンスの楽曲「空飛ぶカツラ(Flying wigs)」でも、ソ⇒♯ソと変化させていたと記憶しています。曲名のインパクトが強すぎて曲の詳細は忘れるという痛恨のミス。。

お勧めの簡単な曲

先日、ギターを始めて1年目くらいの方にお勧めの曲はないですかと聞かれたことがありましたので、私の独断と偏見によるお勧め集を紹介したいと思います。よろしければ参考になさってください。

ざっくり上から下へいくに従って難しくなって行くと思います。(かなりざっくりで、根拠はありませんのであしからず f^^;)

・ノクターン(C.ヘンツェ)
・舟歌(N.コスト)
・マリアルイサ(サグレラス)
・小さなロマンス(ワルカー)
・ぴかぴかワルツ(ベネズエラ民謡)
・ラグリマ、アデリータ(F.ソル)
二つのワルツ(F.クレンジャンス)
シンプルソング(佐藤弘和)
・バーデンジャズ組曲の第一楽章シンプリスタス(イルマル)の前半 
・11月のある日(ブローウェル)の前半
Wating for Dawn(A.ヨーク)

番外編として、カルカッシの25のエチュードは、常にやっとけばいいかと思っています。



ところで、簡単な曲とは何か、と言うのは実は難しい問題ですね。

単純に定義するならば、簡単な曲=譜読みがし易い曲=音数の少ない曲 と考えがちかも知れません。しかし、実際にはことはそう単純ではないですね。

例えば、大編成のアンサンブルでたった一人が唯一ヶ所だけ音を間違えたとしても、これは耳の肥えた人でないと気付かないでしょう。もちろん音にもによりますけど、残念ながら私は気づけないのではないかな。これに対して、バック演奏なしで一人で歌う歌手は、一ヶ所音程をはずしてしまうとみんなにばれてしまいます。同じ事がクラシックギターの演奏にも言えるのではないでしょうか。

もっとも簡単な曲は、極端に言うと一つの弦で単音によりメロディを奏でるパターンです。これは確かに譜読みをし、音を出すのは簡単なのですが、ミスをごまかすことができません。音の単純さに比例して演奏失敗時のリスクが増大していると言えます。もっと言うと、曲の表現などもごまかせませんね。音が単純であればあるほど奏者の技量が明確になると言うことができます。

これに対し、複雑な和声が早いリズムで続く曲では、ちょっとしたミスは致命傷になりえません。リズムとテンポがキープできれば、聞き流してしまえます。音数の多さによって演奏失敗時のリスクを下げることができます。また、弾けているだけですごい、と言うインパクトが与えられますので、実はその分演奏者にとって有利と言うこともできます。

ギターをやっていて色んな複雑な指の動きができるようになってくると、いわゆる「難曲」を弾くのが楽しくてしようがなくなりますよね。しかし、音数の少ない曲を「簡単な曲だ、レベルの低い曲だ」と断罪するのでなく、それらをどうやって料理するかを考えることが、実はさらなるレベルアップへの隠された道かも知れません。

この記事で上げている曲は、譜読み・運指はそこまで難しくないと言う意味で、初心者の方にお勧めできる「簡単な曲」であると同時に、最近難曲ばかり弾いていて伸び悩まれている方にもお勧めできるのではないかと思います。初心に返ることはいつでも重要ですね(と自分に言い聞かせる・・)

PS:
メッセージを下さっていたRさん、ありがとうございました。連絡をしたつもりですが、もし届いていなかったら申し訳ありません。いずれまとめようと思っていたので、今回記事にしてアップしました。

プロフィール

あしゃお

Author:あしゃお
名前:麻尾佳史
住所:兵庫県宝塚市
年齢:昭和56年生まれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR