#サイトマップ

※このサイトを訪れてくださった方へ

このページでは、クラシックギターが大好きな管理人が、動画や曲を紹介をしたり、音楽に関して思ったことを書き留めたりしています。

管理人のプロフィール/このサイト開設の経緯に興味を持ってくださる大変有り難い方は下記カテゴリをご参照下さい。連絡先もそちらに記載しています。
プロフィール ※2018/7/2、プロフィールを更新しました
このサイトに関して


音源などからこちらを訪れてくださり、他の曲が気になる方は下記カテゴリをご確認下さい。
演奏
全曲リストはコチラです。

その他、日記/戯言などはカテゴリに適当に分けて記載しています。
本当は、レッスン日記や練習法などをもっと充実させる予定でしたが、、実際のところは「その他」ばかりが増えていきます・・(苦笑)


更新頻度は高くありませんが、ギターに情熱を持ち続けられている間は、このサイトは細々とであっても続けて参ります。

今後とも宜しくお願い致します。

2013.9.29 麻尾佳史

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

相変わらず、更新頻度は高くないものの、何とかギターは続けています。
上の子が5歳、下の子ももうすぐ4歳になります。一緒にギターをできたらいいな、と思っていますが、なかなかギターのハードルは高いですね。上の子は、本人の希望で近所のピアノ教室に通うことになりました・・。嬉しいような寂しいような・・??

2016.12.25 麻尾佳史

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

社会人になって10年以上が経ち、上の子も小学生になりました。それでもギターを続けていられるのは、家族やギター教室の先生方の理解と支えがあってのことだと感謝しております。それに加えて、ギターに割ける時間が少ない中での練習方法に真摯に向き合ってきた成果かな、との自負もあります。そういったものを発信し、社会人の方がクラシックギターを続けられるきっかけになれたらいいなと思います。

2018.5.20 麻尾佳史
スポンサーサイト

ブログでの情報発信

元々このブログを始めたきっかけは、私の名前で検索できるサイトが欲しい、ということでした。

知り合った人に「麻尾です、クラシックギターやっています」と名乗り、「クラシックギターって何?」となったときに検索してもらいたかったんです。そこがギターに対して踏み込む一歩になればよいなぁ、と。

それからと言うもの、頻度が少ないなりにもぼちぼちとブログを続けています。

最近は、少しブログに対する考え方が変わってきまして。
このブログが、クラシックギターに興味を持つきっかけとなれば、という思いは今も変わりません。変わったのは、私の名前で検索したのでない方も、このサイトを見て、そしてギターに興味を持ってくれる人が増えたら素敵だなぁ、ということです。

というわけで、これからはギター以外の内容も発信してみようかと思います。
先日ギターともう一つの大きな趣味である「ウイスキー」のタグを作成しました。それ以外に、読書のタグなども作成し、自分の備忘を兼ねて記載してみようかな、と考えています。

このサイトに関して(裏の理由)

このサイトに関して(裏の理由)


私の好きな作家、伊坂幸太郎さんの小説「モダンタイムス」の帯では、『検索から、監視が始まる』と謳われていました。「検索が全てを支配する。自分の存在を消したければ、インターネットの検索から逃れることだ」と言ったような内容も出てきます。

これって、逆に言うと、検索したときに引っ掛からないと存在しないと見なされるってこと?
実際に、「何かに興味を持ったときに行うことの1番手は『検索』だ」と言う時代になってきていませんか?
ネットに足跡を残しておかないと、存在を信じてもらえない?(そこまでではないか・・笑)


最近、少しずつではありますが、クラシックギターを人前で演奏させていただく機会を設けさせていただけるようになってきています。その活動を通じてクラシックギターに興味持ってくれた人がいらしたときが、クラシックギターの世界を知るきっかけになればと思いこのサイトを作ることにしました。100%満足できる演奏をすることはなかなか難しく、それを待っていては何も始められないとも思いましたので、「曲のよさをそこなっていない」と思えるくらいを判断基準に演奏もアップしていきたいと思っています。
#結局自己判断なので、辛口コメントがない限りは、判断がどんどん甘くなっていく可能性があります。。


同時に、自分の活動や演奏を保存することで、またそれを皆さんと共有することで、成長のきっかけになればとも思っています。

このサイトに関して

このサイトをご覧になられている皆様へ

クラシックギターと聞いて、楽器の形状や音色・楽曲が思い浮かぶ方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。

クラシックギターと言う楽器は、同じギターでもアコースティックギターやエレキギターと呼ばれる楽器と比較して認知度が低いのではないかと感じています。その理由の一つとして、ポピュラーミュージックで使用されることが少ないことが考えられます。また、「クラシック」と言う響きの影響もあってか敷居の高い楽器だと思われがちで、その世界を知る前に敬遠してしまう方がいらっしゃるのではないかと思います。

しかし、クラシックギターの豊かで優しく美しい音色を楽しむためには、肩に力をいれる必要もなければ、背筋を伸ばしてかしこまる必要も全くありません。楽器としてのクラシックギターは、決して敷居の高いものではないのです。

このサイトは、クラシックギターの魅力を少しでも多くの人に伝えることを目的として更新をしていきたいと考えています。
プロフィール

あしゃお

Author:あしゃお
名前:麻尾佳史
住所:兵庫県宝塚市
年齢:昭和56年生まれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR