スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#サイトマップ

※このサイトを訪れてくださった方へ

このページでは、クラシックギターが大好きな管理人が、動画や曲を紹介をしたり、音楽に関して思ったことを書き留めたりしています。

管理人のプロフィール/このサイト開設の経緯に興味を持ってくださる大変有り難い方は下記カテゴリをご参照下さい。連絡先もそちらに記載しています。
プロフィール
このサイトに関して


音源などからこちらを訪れてくださり、他の曲が気になる方は下記カテゴリをご確認下さい。
演奏
全曲リストはコチラです。

その他、日記/戯言などはカテゴリに適当に分けて記載しています。
本当は、レッスン日記や練習法などをもっと充実させる予定でしたが、、実際のところは「その他」ばかりが増えていきます・・(苦笑)


更新頻度は高くありませんが、ギターに情熱を持ち続けられている間は、このサイトは細々とであっても続けて参ります。

今後とも宜しくお願い致します。

2013.9.29 麻尾佳史

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

相変わらず、更新頻度は高くないものの、何とかギターは続けています。
上の子が5歳、下の子ももうすぐ4歳になります。一緒にギターをできたらいいな、と思っていますが、なかなかギターのハードルは高いですね。上の子は、本人の希望で近所のピアノ教室に通うことになりました・・。嬉しいような寂しいような・・??

2016.12.25 麻尾佳史
スポンサーサイト

36歳になりました

今日は36歳の誕生日で、妻と娘二人にケーキで祝ってもらいました。ありがたい話です。

還暦越えの、とある人生の先輩には「こっからは早いよー!」と脅されました。いや、今でもじゅうぶんに早いので、これ以上加速されると困るんですが。。

最近、クラシックギターのことをあまり知らない方とギターに関する話をする機会があり、このブログを始めたときの初心を思い出しました。もっと上手くなって、クラシックギターのよさをみなさんに伝えられるよう、これからも精進したいと思います。

傾向と対策② 第42回ギター音楽大賞 一般部門 演奏曲目

※この記事ではコンクールに関する少し繊細な部分に触れることになりますが、入賞された方はもちろん、入賞を逃された方/審査員/運営等すべての方への非難は一切目的としていないことをご理解いただいたうえでお読みいただけると大変ありがたく存じます。※

前回の記事に引き続き、第42回ギター音楽大賞 一般部門に出場された方の演奏曲目を下記にまとめます。この記事から訪問された方は、もしよろしければ前回の記事を軽くお目通しいただいた上で本記事をご覧いただけるとありがたいです。

第42回ギター音楽大賞 一般部門 出場23名
〇入賞者および演奏曲目(氏名の前の数字は演奏順を示す)

金賞  15. 田中菜月さん: マルボローの主題による変奏曲 F.ソル
銀賞  10. 内藤弥頼さん: 大聖堂より第二楽章、第三楽章 A.バリオス
銅賞  7. 小島晴子さん: 3つのスペイン風小品より パッサカリア J.ロドリーゴ
奨励賞 9. 岩松知宏さん: 5つのバガデルより第1番 W.ウォルトン
奨励賞 8. 麻尾佳史: アッシャーワルツ N.コシュキン

以下、他の演奏曲目
この道 I.サビオ
25のエチュードより第24番、第25番 Op.60 M.カルカッシ
BWV1000 フーガ J.S.バッハ
ソナチネより第一楽章 F.M.トローバ
リブラ・ソナチネ 第三楽章 フォーコ R.ディアンス
プレリュード第5番 H.ヴィラ=ロボス(2名)
そのあくる日 R.ゲーラ
大聖堂より 第三楽章 A.バリオス
ワルツ第4番 Op.8-4 A.バリオス(3名)
プレリュード第1番 H.ヴィラ=ロボス
スペイン舞曲第10番 E.グラナドス
12のプレリュードより第1番 M.M.ポンセ
ドビュッシーの墓のための讃歌 M.デ.ファリャ
愛の歌 J.K.メルツ
天使の死 A.ピアソラ

今回は、ヴィラ=ロボスにバリオスのド定番曲での複数エントリーが多発し、奏者も審査員の方も戸惑われたのではないかとお察しします。そんな中で王道の名曲が金銀銅にずらり並ぶことで、裏付けのある解釈と表現はきちんと評価される、ということが示され、奏者にとっても審査員の方にとってもよかったのではないでしょうか。逆に私は前41回を踏まえた結果「アッシャーワルツ」と言うちょっと飛び道具的な曲を選んでしまったので、なんだか悔しさや申し訳なさ(誰にだ・・)でちょっともやもやが残りました。傾向と対策するんじゃなかった・・?まぁ、でも大好きで思い出も思い入れもある曲なので、しっかり向き合うことができてよかったです。コンクールに出てみて、いつも以上に一つの楽譜を繰り返し見つめ返し考えることができることは大きな意義だと思うようになりました。

傾向と対策① 第41回ギター音楽大賞 一般の部 演奏曲目

※この記事ではコンクールの少し繊細な部分に触れることになりますが、入賞された方はもちろん、入賞を逃された方/審査員/運営等すべての方への非難は一切目的としていないことをご理解いただいたうえでお読みいただけると大変ありがたく存じます。※

何ごとも挑戦を伴う際には、そのための傾向と対策は必要かと思います。ギターに関する私の最近の挑戦はコンクール出場でして、この二年は地元関西で開催されているギター音楽大賞の一般部門に参加しました。

コンクールで何を弾くか、と言うのはおそらく誰にとっても大きな課題かと思います。まして、ギター音楽大賞の一般部門は課題曲なしの自由曲のみです。一社会人にとって、課題曲なしで自分の得意曲のみに時間をかけ出場できるという大きなメリットはあるものの、「何を演奏するか」の影響が大きくでてしまうことは一つのデメリットでもありますね。

音楽と言う数値化されない土俵で順位付けをするにあたって主観を完全に排除することはできないとは思いますが、音楽を志すものとして、またコンクールに出場する一応募者として、誠意をもって運営されるコンクールでは公平性や客観性を担保するような努力が続けられていると信じたいところです。信じたいところですが、、そういった話とは別次元で、コンクール映えする/しない曲と言うものは存在すると思います。また、それはここのコンクールの位置づけや審査員の構成によって変わるでしょう。

と前文が長くなったところで、、ギター音楽大賞の公式サイトでは一般部門の演奏曲が記載されていないようですので、当日配布されているパンフレットから演奏曲をまとめたいと思います。テクニックか歌心か、古典か現代か、有名曲かマイナー曲か・・などなど、今後出場を検討されている方がいらっしゃれば、参考にどうぞ。

第41回ギター音楽大賞 一般の部 出場22名

〇入賞者および演奏曲目(氏名の前の数字は演奏順を示す)
金賞  21. 今津彩子さん: ドン・フリアン M.D.プホール
銀賞  7. 土屋和彦さん: 「あるタンゲーロの死に寄せる哀歌」よりコンフセータ・エピローグ M.D.プホール
銅賞  9. 山元至さん: 天使のミロンガ A.ピアソラ
奨励賞 20. 高橋政一さん: ホ短調の舞曲 J.モレル
奨励賞 14. 麻尾佳史: カプリコーンの夢 R.ディアンス

以下、他の演奏曲目
プレリュードNo.1 H.ヴィラ=ロボス
ワルツ Op.8-3 A.バリオス
プレリュード、ジーグ BWV996より J.S.バッハ
ダンサ・ブラジレイラ R.ジナタリ
アラビア風奇想曲 F.タレガ
フーガ BWV1001 J.S.バッハ
ワルツ Op.8-4 A.バリオス
ベネズエラ風ワルツNo.3 A.ラウロ
「ヴィラ=ロボス讃歌」よりⅢ.郷愁のアンダンティーノ、IV.トゥフー R.ディアンス
11月のある日 L.ブローウェル
母の涙 J.ケイロス
「水色スカラー」よりI.プレリュード II. 間奏曲A 吉松隆
ガヴォット・ショーロ H.ヴィラ=ロボス
パスクィーニのトッカータ L.ブローウェル
ブエノスアイレスの冬 A.ピアソラ
椿姫の主題による幻想曲 F.タレガ
エチュード Op.35-22 F.ソル エチュードNo.1 H.ヴィラ=ロボス

※演奏者のレベルを除外して、曲だけに注目した場合の放言。技術や表現力が拮抗していて、選曲が大きな影響を与えていると仮定すると、細かい表現力や一音一フレーズに対する解釈よりは、全体の方向性や躍動感を前面に出した(出しやすい)曲が上位入賞している傾向があるように感じます。奏者聴者ともに楽譜を理解していることが前提の曲よりも、知っている人だけでなく詳しく知らない人にも曲のエッセンスをしっかり伝えられる曲(演奏)の方が評価された可能性はありますね。

ギター調整

私は野辺雅史さんの手工ギターを使用しています。野辺さんは埼玉県に工房を構えられてますが、定期的に関西にも来られています。先月私の通っている猪居ギター教室にも顔を出してくださったので、調整していただくためにギターを持参しお会いしてきました。

私がこのギターを購入したのは2007年で、ちょうど10年になります。フレットの劣化などもあり、10年はちょうどいいタイミングかなと言うのもあって一度工房に持ち帰っていただき全体的な修理をしていただきました。そのときの忙しさにもよると思いますが、今回は約一週間で修理と宅配まで行っていただきました。

届いたギターを開けるときはなかなかドキドキしましたね。ケースを開けると、フレットはピカピカ!で見た目が綺麗に。弾いてみると、全体的に音がすっきりして、また高音フレットが弾きやすくなりました。ずっと同じギターを使用していると、緩やかな経年劣化には気づきにくいものですね。今回思い切って調整をしていただいてよかったなと思います。購入後どのくらい経てば、と言う明確なラインはないかと思いますが、5年/10年とある程度の年月を経た楽器を使用している皆様には調整をお勧めできますね。

お会いしたときには、ギター制作を常に進化させようと色々な挑戦をしてらっしゃる話や、材料の確保が年々難しくなってきている話など、興味深い話を聞かせていただくことができました。また、野辺さんがお持ちになっていた新作ギターを触らせてもらい、非常にいい音がなるため欲しくなっちゃいました。今のギターを使い始めてからおそらく初めて?の浮気心です。。w 同じ製作家だからセーフ??
プロフィール

あしゃお

Author:あしゃお
名前:麻尾佳史
住所:兵庫県宝塚市
年齢:昭和56年生まれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。